雑誌情報

今日の保育問題にとりくむ保育所保育の専門誌
〔Information〕
昨年度1年間の指導計画をまとめた『保育の友』増刊号「私たちの指導計画2015」も併せてご利用ください。

保育の友(2018年10月号)
雑誌
体裁:B5判 76頁
発行:毎月8日発売
価格:627円(本体:581円)
在庫:在庫有り
特集:ICTを活用した業務軽減により、保育の質を高める
今日の保育課題に取り組む保育の専門誌。養護と教育が一体となった質の高い保育が求められている今日、考えて取り組む保育を提案!「毎月の指導計画」等現場で役立つカリキュラムやヒント等を紹介しています。
☆『保育の友』18年10月号

▼特集▼ICTを活用した業務軽減により、保育の質を高める

 保育者は日々の子どもたちの保育以外にも、会議、書類の作成や整理、そのほかの庶務など、日々こなさなくてはならない業務も多く、限られた時間の中ですべてを終わらせることがむずかしい状況にあります。これらが一因となり、子どもとふれ合う時間への影響や、心の余裕がなくなってしまうなどの課題も見受けられます。そのようななか、国で2015(平成27)年度から予算化されたICT化推進事業を活用し、保育現場の業務の負担を減らすことで、より働きやすい職場環境につなげていこうとする状況も生まれつつあります。その一方で、入力操作など機器に不慣れなことや、必要なときにいつでも使用できる環境にないなどの課題もあげられています。そこで、ICT活用の実践例などをもとに、導入に向けた環境整備、情報の共有化、情報管理のあり方などもまじえ、ICTを活用した業務軽減により生まれた時間を活かして保育の質を高める取り組みについて考えます。
【ICT=Information and Communication Technologyの略、情報通信技術】


【事例1】保育の質の向上のためのICT活用
長戸 康英 石川県・よしたけこども園園長

【事例2】ICT化のための投資とカスタマイズ
馬場耕一郎 大阪府・社会福祉法人友愛福祉会理事長

【事例3】ICTの導入・活用と保育の質の向上
大庭 良治 横浜市・うちゅう保育園統括園長

【論文】保育の質の向上とICT活用
相馬 靖明 フリーランス・子どもと保育総合研究所所員/東洋大学非常勤講師


▼好評連載!!▼
<エッセイ><気になる子どもの保育><教えて園医さん!Q&A><発信!地域に向けた社会福祉の実践><実践に活かそう! リスクマネジメント講座><保育ジャーナル><子ども理解による記録><えほん・かみしばいのひろば><子どものつぶやき><子どもに伝えたい伝統行事と文化>ほか

送料300円

定期購読もしくは10冊以上のご購入で送料無料

一冊ずつのご注文はこちら⇒

カゴに入れる

定期購読のお申込みはこちら⇒

定期購読の申し込み

特集一覧

  1. 2018年10月号ICTを活用した業務軽減により、保育の質を高める
  2. 2018年9月号保育者として成長したい〜10年後もいきいきと〜
  3. 2018年8月号保育の「なぜ?」を考える〜絵本の読み聞かせとおもちゃあそび〜
  4. 2018年7月号研修のあり方を考える
  5. 2018年6月号コミュニケーションとは
  6. 2018年5月号子どもの成長を共に楽しむ行事
  7. 2018年4月号ここが大切! 新入園児の受け入れ
  8. 2018年3月号「私たちの指導計画」のまとめと課題/保育指針等の改定と「指導計画」
  9. 2018年2月号運動あそびを家庭と共に〜低下する乳幼児期の運動能力〜
  10. 2018年1月号こう変わった!「保育指針」「教育・保育要領」
  11. 2017年12月号保育とジェンダー 〜男性保育士が語る〜
  12. 2017年11月号児童虐待防止に向けて、保育者だからできること