雑誌情報

今日の保育問題にとりくむ保育所保育の専門誌
〔Information〕
昨年度1年間の指導計画をまとめた『保育の友』増刊号「私たちの指導計画2015」も併せてご利用ください。

保育の友(2019年10月号)
雑誌
体裁:B5判 76頁
発行:毎月8日発売
価格:627円(本体:581円)
在庫:在庫有り
特集:子どもの権利を守る保育とは〜「子どもの権利条約」批准から25年〜
今日の保育課題に取り組む保育の専門誌。養護と教育が一体となった質の高い保育が求められている今日、考えて取り組む保育を提案!「毎月の指導計画」等現場で役立つカリキュラムやヒント等を紹介しています。
☆『保育の友』19年10月号

▼特集▼子どもの権利を守る保育とは〜「子どもの権利条約」批准から25年〜

 今年は、1989(平成元)年11月20日に「子どもの権利条約」が国連総会で採択されてから30年、日本政府が1994(平成6)年4月22日にこの条約を批准してから25年という節目の年です。この間、わが国では児童虐待防止法をはじめ子どもの権利擁護に対する多くの取り組みが行われてきました。
 しかし、今なお国内には貧困や虐待などさまざまな課題があり、児童相談所などの対応が追いついていないのが現状です。そこで、子どもの権利条約の内容や意義をいま一度確認しながら、日々子どもたちとかかわる保育者の立場に照らし、その課題を探ります。

【総論】
「子どもの権利条約」批准から25年 〜その歩みから保育者が学ぶべきこと〜
網野 武博(元・東京家政大学 教授)

【座談会】
「子どもの権利条約」から保育者が考えるべきこととは
山縣 文治(関西大学 教授/本誌編集委員長)
佐々木孝子(栃木県・宇都宮市立松原保育園 園長)
森本宮仁子(大阪市・大阪聖和保育園 事務局長/大阪人間科学大学 非常勤講師)
八木安理子(大阪府・枚方市子ども青少年部 次長/学校教育部 副参事)

【実践事例】
地域の子育て支援における保育園の役割 〜子どもと家族によりそうために〜
側垣 一也(兵庫県・ひかり保育園 園長/社会福祉法人三光事業団 理事長)

▼好評連載!!▼
<エッセイ><保育の質を高める><保育園と家庭をつなぐコミュニケーション><教えて園医さん!Q&A><実践に活かそう! リスクマネジメント講座><保育ジャーナル><子ども理解による記録><えほん・かみしばいのひろば><わが園の「いただきます」><子どものつぶやき><応援☆保育士のココロ><発達障害傾向のある子どもの保育>ほか

送料300円

定期購読もしくは10冊以上のご購入で送料無料

一冊ずつのご注文はこちら⇒

カゴに入れる

定期購読のお申込みはこちら⇒

定期購読の申し込み

特集一覧

  1. 2019年10月号子どもの権利を守る保育とは〜「子どもの権利条約」批准から25年〜
  2. 2019年9月号災害への備え 効果的な避難訓練
  3. 2019年8月号保育の「なぜ?」を考える〜午睡〜
  4. 2019年7月号チームワークで効果をあげる
  5. 2019年6月号よりよい実習とは 〜養成校と保育所の双方の視点から〜
  6. 2019年5月号保育の質を高める
  7. 2019年4月号みんなが育つ職場づくり
  8. 2019年3月号「私たちの指導計画」のまとめと課題/改定保育所保育指針の実践
  9. 2019年2月号小学校への接続、連携の大切さを考える
  10. 2019年1月号ご近所の園とつながる
  11. 2018年12月号子どもを尊重する保育とは
  12. 2018年11月号「保育所における感染症対策ガイドライン」を積極的に利用しよう