雑誌情報

社会福祉の新しい方向を探る総合月刊誌
〔Information〕
創刊1909年。100年を超える歴史と最新の福祉政策・動向が同居する福祉の総合誌です。

月刊福祉(2017年3月号)
雑誌
体裁:B5判 104頁
発行:毎月6日発売
価格:1,049円(本体:971円)
在庫:在庫有り
特集:第三者評価と福祉サービスの質の向上
社会福祉の新しい方向を探る総合月刊誌。社会福祉をめぐる諸課題、制度・政策の動きや地域におけるさまざまな実践事例などの最新情報を紹介。福祉関係者必読の情報誌。
☆『月刊福祉』17年3月号

▼特集▼第三者評価と福祉サービスの質の向上
 社会保障・社会福祉は今、大きな変革期にある。各分野の制度改正や2016年の社会福祉法改正にともない、社会福祉法人にはガバナンスの強化とともに、基本理念やサービスの基本方針にそった質の高いサービス提供が求められている。 
 今、サービスの質の向上、職員の質の担保のために、福祉サービス第三者評価を活用することを再確認し、福祉サービスの本質、利用者の権利擁護について考えていく。

【特集の視点】
    山本 たつ子(社会福祉法人天竜厚生会理事長、『月刊福祉』編集委員)

【資料】福祉サービス第三者評価のQ&A

【対談】福祉を必要とする人々への権利擁護と第三者評価
   
    山崎 美貴子(神奈川県立保健福祉大学顧問)
    榊原 智子 (読売新聞東京本社調査研究本部主任研究員)
   
【座談会】第三者評価を福祉サービスの質の向上に活かす

    桑原 教修 (社会福祉法人舞鶴学園理事長)
    久木元 司 (社会福祉法人常盤会理事長)
    新津 ふみ子(一般社団法人
           全国福祉サービス第三者評価調査者連絡会会長)
    右京 昌久 (岩手県社会福祉協議会事務局次長)

【レポート機杪荵絢塢床舛魴弍腸善・介護サービスの質の改善に活かす
    黒木 茂夫 (社会福祉法人日向更生センター
           特別養護老人ホーム皇寿園施設長)

【レポート供枉祿下塋〇礇機璽咼垢亮舛慮上に活かすための第三者評価
       − 障害者・児福祉サービス版評価基準ガイドラインの改正
    大塚 晃  (上智大学総合人間科学部教授)


▼好評連載!!▼
<グラフ21><社協キャラクター図鑑><ウオッチング2017><ひと時間><論点・社会福祉><労務管理を朗務管理に!><人と人をつなぐ実践><キャッチアップ社会福祉法人経営><挑戦!商品開発><My Voice, My Life 社会的養護当事者の語り><研究室探訪><各国からの風><木陰の物語>ほか

送料300円

定期購読もしくは10冊以上のご購入で送料無料

一冊ずつのご注文はこちら⇒

カゴに入れる

定期購読のお申込みはこちら⇒

定期購読の申し込み

特集一覧

  1. 2017年3月号第三者評価と福祉サービスの質の向上
  2. 2017年2月号地域で育む新しいかたちの支援
  3. 2017年1月号共生社会と社会保障制度の未来像
  4. 2016年12月号ともに生き認め合う社会―障害者差別解消法を活かそう
  5. 2016年11月号農福連携―大地に生きる、自然と生きる
  6. 2016年10月号岐路に立つ社会福祉法人
  7. 2016年9月号人を育てる職場づくり
  8. 2016年8月号地域で支える、地域包括支援体制
  9. 2016年7月号地域包括ケアシステムとこれからの地域づくり
  10. 2016年6月号子どもたちの未来
  11. 2016年5月号権利擁護と福祉サービス
  12. 2016年4月号SOSをためらわせない