雑誌情報

介護に携わるプロのための応援誌
〔Information〕
『ふれあいケア』は2015年8月号で創刊20周年を迎えました。これからも「介護のプロへの応援誌」としてお仕事に役立つ情報をお届します!

ふれあいケア(2019年4月号)
雑誌
体裁:B5判 80頁
発行:毎月20日発売
価格:1,049円(本体:971円)
在庫:在庫有り
特集:「考えられる人材」を育てるリーダーになろう!
介護に携わるプロのための応援誌!
介護現場の視点を重視した内容で、介護に必要なノウハウが幅広く得られる誌面づくりを行っています。
高齢者介護施設スタッフなど介護の現場で活躍されている方がたのための月刊誌です。
▼特集▼「考えられる人材」を育てるリーダーになろう!



 現場のリーダーには、さまざまな課題や悩みがあります。そのなかの一つが、年齢やキャリアなどが多様な人材をまとめることではないでしょうか。そして職員自身が理念と行動指針を確認し、マニュアル通りに動くのではなく、自らの考えとしてケアにあたる人材を、チームで介護観を共有しながら育てることも重要な役割です。
 そこで、多様な人材をまとめながら「考えられる人材育成」ができるリーダーになるために、実際にどのような取り組みや工夫が行われているのかを紹介します。


チームリーダーに求められるものとは
奈良 環(文京学院大学 人間学部 人間福祉学科 准教授)

【座談会】
「考えられる人材」を育てるためにリーダーに必要なこと
浦野 直子(神奈川県・社会福祉法人 中心会 事業推進本部・品質管理・教育研修部 部長)<司会>
会田 るみ(山形県・社会福祉法人 恩賜財団済生会支部 山形県済生会 特別養護老人ホーム ながまち荘 主任介護職員)
七井 久仁(栃木県・社会福祉法人 光誠会 特別養護老人ホーム フローラりんくる 統括ユニットリーダー)
林 義亜(神奈川県・NPO法人 ホッとスペース中原 通所介護管理者)

私が行ってきた「考えられる人材」育成
人材育成とは〜チームの価値基準を合わせよう〜
中村 浩士(東京都・社会福祉法人 愛隣会 特別養護老人ホーム 駒場苑 施設長)

私が行ってきた「考えられる人材」育成
「気づき」ができるホームヘルパーを育てるために
鍋谷 晴子(石川県・医療法人社団 仁智会 金沢春日ケアセンター ヘルパーステーション 管理者)

<思い出アルバム>
最終回 伝統的保育用具「イズミ」 田沼 武能

<ふれあい訪問>
利用者のニーズに合わせたケアを実現するために
特別養護老人ホーム 多摩済生園(東京都小平市)

<ぬくもり歳時記>
平野 恵理子

▼好評連載▼
<PDCAサイクルが介護の視野を広げる><みんなで参加しよう!コミュニケーションスキルアップ研修><虐待防止のための12の学び 身体拘束・不適切ケアの気づき><明るく!働くためのヒント><えっせい><ワンポイント介護技術><介護現場のリスクマネジメント><使いこなそう 福祉用具と福祉機器><認知症ケア相談室><多職種連携の実践と検証><パワーUP!訪問介護頼れるサ責の仕事術><住みやすいまちづくり>ほか

送料300円

定期購読もしくは10冊以上のご購入で送料無料

一冊ずつのご注文はこちら⇒

カゴに入れる

定期購読のお申込みはこちら⇒

定期購読の申し込み

特集一覧

  1. 2019年4月号「考えられる人材」を育てるリーダーになろう!
  2. 2019年3月号認知症高齢者のケアを深める
  3. 2019年2月号いつまでも食べる楽しみをもち続けるために
  4. 2019年1月号利用者の意欲を引き出す機能訓練とは
  5. 2018年12月号介護職員がもとう!ケアプランへの意識
  6. 2018年11月号看取り時における意思の尊重とは
  7. 2018年10月号地域のなかで働く施設職員になる!
  8. 2018年9月号立ち止まって考えよう〜身体拘束〜
  9. 2018年8月号排泄ケアを見直す
  10. 2018年7月号多職種で支えるデイサービス
  11. 2018年6月号介護ロボットの活用方法
  12. 2018年5月号利用者を中心に考える介護の安全管理