雑誌情報

社会福祉の新しい方向を探る総合月刊誌
〔Information〕
創刊1909年。100年を超える歴史と最新の福祉政策・動向が同居する福祉の総合誌です。

月刊福祉(2022年1月号)
雑誌
体裁:B5判 108頁
発行:毎月6日発売
価格:1,068円(本体:971円)
在庫:ご注文は受注センター(TEL.049-257-1080)へお願いします。
特集:社会福祉法人のこれから ― 社会福祉事業法施行から70年を機に考える
変化し続ける社会保障・社会福祉制度の動向や課題を整理するとともに、多様な福祉課題への対応を、実践事例を交えながら多角的に紹介します。福祉関係者はもちろん、福祉の今を知りたい方々にお読みいただきたい1冊。
☆『月刊福祉』22年1月号

▼特集▼社会福祉法人のこれから ― 社会福祉事業法施行から70年を機に考える

 社会・経済状況の変化を受けて、既存の枠組みでは十分に対応できない課題やニーズが増加しています。社会福祉法人制度ができた社会福祉事業法の施行から70年を機に、これから福祉的な課題にどう対応していくか、その際にこれまでと同様に中核となることが期待される社会福祉法人に何が求められるのか、確認します。

【てい談】社会福祉法人にこの先求められること ― セーフティネットたる社会福祉法人の黎明と未来
  山崎 美貴子(東京ボランティア・市民活動センター 所長)
  平田 直之(社会福祉法人慈愛会 常務理事)
  千葉 正展(独立行政法人福祉医療機構経営サポートセンター シニアリサーチャー、本誌編集委員)



【論点機社会福祉法人とソーシャルワーク
  上野谷 加代子(同志社大学 名誉教授)
  
【論点供社会福祉法人は権利擁護にどのように向き合うべきか
  関川 芳孝(大阪府立大学地域保健学域教育福祉学類 教授)

【論点掘社会福祉法人と福祉人材― 永続的に高品質なサービスを提供し続けるために
  綱川 晃弘(HRM-LINKS co.,Ltd.人事コンサルタント、社会保険労務士)

【論点検社会福祉法人とこれからの福祉の担い手
  野澤 和弘(植草学園大学 副学長、毎日新聞 客員編集委員)

【論点后社会福祉法人と地方自治体
  平野 方紹(前 立教大学コミュニティ福祉学部 教授)

【論点此持続可能な地域社会と社会福祉法人
  藤山 浩(一般社団法人持続可能な地域社会総合研究所 所長)

【論点察社会福祉法人と経営 ― 非営利法人としての役割を果たすために
  松原 由美(早稲田大学人間科学部 准教授)



▼好評連載!!▼
<視点―これからの社会福祉の展望><災害から学ぶ 災害に備える><協働でつくる新たな地域><グラフ21><発見!福祉で輝く人><ひと時間><My Voice, My Life><実践マネジメント講座> ほか

送料300円

定期購読もしくは10冊以上のご購入で送料無料

一冊ずつのご注文はこちら⇒

ご注文は受注センター(TEL.049-257-1080)へお願いします。

特集一覧

  1. 2022年2月号孤独・孤立につながり続ける
  2. 2022年1月号社会福祉法人のこれから ― 社会福祉事業法施行から70年を機に考える
  3. 2021年12月号コロナ禍で見えた困窮課題と支援の方向性
  4. 2021年11月号福祉職場のリーダーを考える
     ―組織の中間層の役割と育成
  5. 2021年10月号高齢者虐待を防ぎ 権利を守るために
  6. 2021年9月号少子化がもたらすものと この先
  7. 2021年8月号刑事司法と福祉の連携
  8. 2021年7月号共生はすすんだか―国際障害者年から40年
  9. 2021年6月号ヤングケアラーを知る
  10. 2021年5月号地方分権と福祉
  11. 2021年4月号福祉を支える新たな財源
  12. 2021年3月号災害への対応はすすんだか−東日本大震災から10年を受けて−