雑誌情報

介護に携わるプロのための応援誌
〔Information〕
『ふれあいケア』は2015年8月号で創刊20周年を迎えました。これからも「介護のプロへの応援誌」としてお仕事に役立つ情報をお届します!

ふれあいケア(2021年増刊号)
雑誌
体裁:B5判 74頁
発行:毎月20日発売
価格:1,068円(本体:971円)
在庫:在庫有り
特集:新時代の介護現場を展望する
―『ふれあいケア』25年のあゆみを糧に―
介護に携わるプロのための応援誌!
介護現場の視点を重視した内容で、介護に必要なノウハウが幅広く得られる誌面づくりを行っています。
高齢者介護施設スタッフなど介護の現場で活躍されている方がたのための月刊誌です。
▼特集▼新時代の介護現場を展望する―『ふれあいケア』25年のあゆみを糧に―


※令和2年6月に1号分を休刊したことにともない、今年度は増刊号を刊行いたします。
(今年度は定期購読の方は年間購読料に増刊号分が含まれています)

≪『ふれあいケア』がこれまで果たしてきた役割・使命の総まとめ!≫

【新時代の高齢者福祉】

2040年に向けた日本の社会保障制度の課題   
清家 篤(全国社会福祉協議会 会長)

介護保険制度 これまでの20年、これからの20年
香取 照幸(上智大学 教授)

介護福祉士の専門性を高めるために     
及川 ゆりこ(日本介護福祉士会 会長)

【座談会】わが国の高齢者介護の検証と課題

内藤 佳津雄(日本大学文理学部 教授/本誌編集委員長〈司会〉)
加藤 伸(認知症介護研究・研修仙台センター 所長)
渡辺 裕美(東洋大学ライフデザイン学部 教授)
都崎 博子(社会福祉法人東京弘済園 ケアハウス弘陽園 副施設長)

【新時代の介護現場への提言 withコロナと介護のあり方】

制度改革
水野 敬生(社会福祉法人一誠会 常務理事、第二偕楽園ホーム 統括施設長) 

人材確保 
奈良 環(文京学院大学 准教授)

人材育成 
内田 千恵子(東京都介護福祉士会 常務理事)
 
専門性と多職種連携 
鍋谷 晴子(合同会社レインボーハートにじいろケアプラス 管理者)

医療との連携
高橋 龍太郎(東京都健康長寿医療センター研究所 元所長)
 
社会福祉法人の役割
柿本 貴之(大分県・社会福祉法人晹谷福祉会 理事長)

機器・ロボット 
東 祐二(国リハ障害工学研究部 部長)
 
外国人介護労働者
湯川 智美(社会福祉法人六親会 常務理事)

地域共生社会
宮島 渡(日本社会事業大学専門職大学院 専任教授)

送料300円

定期購読もしくは10冊以上のご購入で送料無料

一冊ずつのご注文はこちら⇒

カゴに入れる

定期購読のお申込みはこちら⇒

定期購読の申し込み

特集一覧

  1. 2021年4月号「介護のプロ」を応援する

  2. 2021年増刊号新時代の介護現場を展望する
    ―『ふれあいケア』25年のあゆみを糧に―
  3. 2021年3月号東日本大震災から10年 災害対策の変化と工夫
  4. 2021年2月号チームで行う看取り介護
  5. 2021年1月号精神障害・依存症の要介護者への支援
  6. 2020年12月号わかる介護記録を書いていますか?
  7. 2020年11月号地域密着型サービスの役割と期待
  8. 2020年10月号感染症 〜予防と拡大防止〜
  9. 2020年8・9月合併号SNSの活用 介護の世界をアピールする
  10. 2020年7月号これからの介護サービスを展望する
  11. 2020年6月号ICT等で介護の質を上げる
  12. 2020年5月号認知症高齢者のケアを深める〜健康管理の視点から〜