書籍情報

全面改訂!2021年度からの新カリキュラムに準拠!!(令和2年12月より順次刊行予定)
第15巻 介護概論 『社会福祉学習双書』編集委員会/編

第15巻 介護概論
研修

『社会福祉学習双書』編集委員会 編

体裁:B5 306頁 ISBN978-4-7935-1365-7
発行年月:2021年01月  
価格:2,750円(本体:2,500円)
在庫:在庫有り
現行カリキュラムの介護に関する内容もカバーした最適な1冊。第3巻「高齢者福祉」とも一体的に学習できる。
紙の書籍は以下の「カゴに入れる」からお買い求めください。
電子書籍はページ下部の電子書店からお買い求めください。
第15巻 介護概論をカゴに入れる
≪執筆者≫(◆担当編集委員)

◆澤田 信子(神奈川県立保健福祉大学名誉教授)
◆川井 太加子(桃山学院大学教授)
 岩谷 力(国立障害者リハビリテーションセンター顧問/長野保健医療大学学長)
 秋山 昌江(聖カタリナ大学教授)
 井上 善行(日本赤十字秋田短期大学教授)
 津田 理恵子(神戸女子大学教授)
 竹田 幸司(田園調布学園大学准教授)
 横山 孝子(熊本学園大学教授)
 澤  宣夫(長崎純心大学教授)
 堀口 美奈子(高崎健康福祉大学講師)
 木本 洋子(福祉人材育成研究所M&L非常勤講師)
 鎌田 恵子(福島介護福祉専門学校副校長)
 竹内 美幸(元 北海道福祉教育専門学校副校長)
 青木 宏心(桜美林大学老年学総合研究所連携研究員)
 池田 静香(聖徳大学准教授)
 檜垣 昌也(聖徳大学短期大学部准教授)
 小櫃 芳江(聖徳大学教授)
 西井 啓子(元 富山短期大学教授)
 八木 裕子(東洋大学准教授)
 木林 身江子(静岡県立大学短期大学部講師)

(目次)

第1章 介護を取り巻く状況(岩谷 力)

 第1節 日常生活圏を基盤としたサービス提供
 第2節 介護職員に求められる保健・医療の知識
 第3節 介護分野の先進技術

第2章 介護の目的

 第1節 介護の歴史と介護の場(川井 太加子)
 第2節 介護の原則と職業倫理(澤田 信子)
 第3節 尊厳と自立を支える介護(澤田 信子)

第3章 介護と保健・医療との関係(秋山 昌江)

 第1節 介護と保健・医療との関係
 第2節 介護と医療的ケア

第4章 利用者の理解と援助関係の基本(井上 善行)

 第1節 利用者の理解
 第2節 援助関係の理解

第5章 コミュニケーション技術

 第1節 コミュニケーションの基本(津田 理恵子)
 第2節 介護におけるチームのコミュニケーション(竹田 幸司)

第6章 介護過程

 第1節 介護過程とは(横山 孝子)
 第2節 介護過程の実際(横山 孝子)
 第3節 介護過程とチームアプローチ(澤 宣夫)

第7章 生活支援技術の基本

 第1節 生活支援技術の意義(澤田 信子)
 第2節 食事の介護(堀口 美奈子)
 第3節 排泄の介護(木本 洋子)
 第4節 入浴と清潔保持の介護(横山 孝子)
 第5節 身じたくの介護(鎌田 恵子)
 第6節 睡眠の介護(竹内 美幸)
 第7節 体位変換・移動の介護(青木 宏心)
 第8節 住生活環境の整備と介護(池田 静香)
 第9節 社会生活を維持するための支援(檜垣 昌也)
 第10節 健康な生活習慣づくりへの支援(岩谷 力)
 第11節 医療が必要な利用者の介護(小櫃 芳江)
 第12節 緊急・事故時の対応(西井 啓子)
 第13節 災害時における介護職員の対応(八木 裕子)
 第14節 家族への支援(西井 啓子)
 第15節 福祉用具の活用(西井 啓子)
 第16節 終末期の介護(西井 啓子)

第8章 認知機能が低下した人の理解と支援(木林 身江子)

 第1節 認知機能が低下した人の理解
 第2節 認知機能が低下した人や家族への支援

<< 前の画面に戻る

電子書店