書籍情報

全面改訂!2021年度からの新カリキュラムに準拠!!(令和2年12月より順次刊行予定)
第10巻 ソーシャルワークの理論と方法 『社会福祉学習双書』編集委員会/編

第10巻 ソーシャルワークの理論と方法
研修

『社会福祉学習双書』編集委員会 編

体裁:B5 284頁 ISBN978-4-7935-1360-2
発行年月:2021年01月  
価格:2,750円(本体:2,500円)
在庫:在庫有り
事例を通して、ソーシャルワークのプロセスやアプローチを紹介するとともに、実践的かつ効果的なソーシャルワークの理論と方法を解説。
紙の書籍は以下の「カゴに入れる」からお買い求めください。
電子書籍はページ下部の電子書店からお買い求めください。
第10巻 ソーシャルワークの理論と方法をカゴに入れる
≪執筆者≫(◆担当編集委員)

◆山崎 美貴子(神奈川県立保健福祉大学名誉教授・顧問)
◆渡部 律子(日本女子大学教授)
◆空閑 浩人(同志社大学教授)
 志村 健一(東洋大学教授)
 引土 絵未(日本女子大学講師)
 熊田 博喜(武蔵野大学教授)
 北島 英治(元 日本社会事業大学教授)
 土屋 典子(立正大学准教授)
 松本 葉子(田園調布学園大学准教授)
 小嶋 章吾(国際医療福祉大学教授)
 谷口 郁美(滋賀県社会福祉協議会事務局長)
 長沼 葉月(東京都立大学准教授)

(目次)

第1章 ソーシャルワーク展開過程の全体像(渡部 律子)

 第1節 ミクロからマクロまでを視野に入れた包括的支援体制
 第2節 ソーシャルワークの全体的な流れ

第2章 ソーシャルワークの展開過程(渡部 律子)
 
 第1節 ケースの発見
 第2節 インテーク
 第3節 アセスメント
 第4節 プランニング
 第5節 支援の実施
 第6節 モニタリング
 第7節 支援の終結と事後評価、アフターケア
 第8節 ソーシャルワーク展開過程のポイント

第3章 ソーシャルワークの実施

 第1節 ソーシャルワーク実践のアプローチ(志村 健一)
 第2節 集団を活用した支援(引土 絵未)
 第3節 コミュニティワーク(熊田 博喜)
 第4節 ソーシャルワークにおける社会資源の活用・調整・開発・創生機併該蝓“貴子)
 第5節 ソーシャルワークにおける社会資源の活用・調整・開発・創生供併該蝓“貴子)
 
第4章 ソーシャルワークを支える要素

 第1節 ソーシャルワークにおける援助関係の形成(志村 健一、北島 英治)
 第2節 スーパービジョン(渡部 律子)
 第3節 コンサルテーション(渡部 律子)
 第4節 ケアマネジメント(土屋 典子)
 第5節 ネットワークの形成(松本 葉子)
 第6節 コーディネーション(松本 葉子)
 第7節 ソーシャルワークの記録(小嶋 章吾)
 第8節 ソーシャルワークに関連する方法(谷口 郁美)
 第9節 カンファレンス(長沼 葉月)
 第10節 事例分析(長沼 葉月)

<< 前の画面に戻る

電子書店