雑誌情報

社会福祉の新しい方向を探る総合月刊誌
〔Information〕
創刊1909年。100年を超える歴史と最新の福祉政策・動向が同居する福祉の総合誌です。

月刊福祉(2020年7月号)
雑誌
体裁:B5判 98頁
発行:毎月6日発売
価格:1,068円(本体:971円)
在庫:ご注文は受注センター(TEL.049-257-1080)へお願いします。
特集:困難に直面する女性への支援
社会福祉の新しい方向を探る総合月刊誌。社会福祉をめぐる諸課題、制度・政策の動きや地域におけるさまざまな実践事例などの最新情報を紹介。福祉関係者必読の情報誌。
☆『月刊福祉』20年7月号

▼特集▼困難に直面する女性への支援

 女性への支援には、社会・経済状況の変化等により既存の制度では対応できない狭間が生まれ、支援が届かない、支援できたとしても後追いになるという課題がある。昨今指摘される若年女性の課題も含めた女性の抱えるさまざまな困難に着目し、どのような支援や制度・仕組みが求められるのかを考察する。

【論文】
困難な問題を抱える女性の状況と支援
堀 千鶴子(城西国際大学 福祉総合学部 教授)

【レポート機
困難な問題を抱える女性が支援につながらない
橘 ジュン(特定非営利活動法人 BONDプロジェクト 代表)

【レポート供
若年女性の自立に向けた包括的支援
高橋 亜美(アフターケア相談所ゆずりは 所長)

【レポート掘
女子児童・生徒の現状および教育・福祉の連携の可能性と課題
川口 正義(独立型社会福祉士事務所・子どもと家族の相談室「寺子屋お〜ぷん・どあ」 共同代表)

【レポート検
母子生活支援施設における支援とこれからの展開
廣瀬 みどり(社会福祉法人みおつくし福祉会 リアン東さくら 元施設長、関西学院大学 人間福祉学部 非常勤講師)

【インタビュー】
女性の抱える困難とこれからの支援
横田 千代子(社会福祉法人べテスダ奉仕女母の家 いずみ寮 施設長)
新保 美香(明治学院大学 社会学部 教授)〔聞き手〕

▼新連載!!▼
<渋沢栄一の歩みから見る福祉の今>
近代日本の産業基盤づくりに尽力した渋沢栄一。社会事業にも深く関わった。渋沢が関わった事業・団体の設立時と現在から、現代にもつながる視座を探る。

▼好評連載!!▼
<今、アジアの福祉は><発見!福祉で輝く人><ひと時間>
<グラフ21><My Voice, My Life><論点><実践マネジメント講座>ほか

送料300円

定期購読もしくは10冊以上のご購入で送料無料

一冊ずつのご注文はこちら⇒

ご注文は受注センター(TEL.049-257-1080)へお願いします。

特集一覧

  1. 2022年2月号孤独・孤立につながり続ける
  2. 2022年1月号社会福祉法人のこれから ― 社会福祉事業法施行から70年を機に考える
  3. 2021年12月号コロナ禍で見えた困窮課題と支援の方向性
  4. 2021年11月号福祉職場のリーダーを考える
     ―組織の中間層の役割と育成
  5. 2021年10月号高齢者虐待を防ぎ 権利を守るために
  6. 2021年9月号少子化がもたらすものと この先
  7. 2021年8月号刑事司法と福祉の連携
  8. 2021年7月号共生はすすんだか―国際障害者年から40年
  9. 2021年6月号ヤングケアラーを知る
  10. 2021年5月号地方分権と福祉
  11. 2021年4月号福祉を支える新たな財源
  12. 2021年3月号災害への対応はすすんだか−東日本大震災から10年を受けて−