雑誌情報

社会福祉の新しい方向を探る総合月刊誌
〔Information〕
創刊1909年。100年を超える歴史と最新の福祉政策・動向が同居する福祉の総合誌です。

月刊福祉(2020年1月号)
雑誌
体裁:B5判 104頁
発行:毎月6日発売
価格:1,068円(本体:971円)
在庫:在庫有り
特集:高齢者の生きがいと安心を支える
社会福祉の新しい方向を探る総合月刊誌。社会福祉をめぐる諸課題、制度・政策の動きや地域におけるさまざまな実践事例などの最新情報を紹介。福祉関係者必読の情報誌。
☆『月刊福祉』20年1月号

▼特集▼高齢者の生きがいと安心を支える

 平均寿命の伸び等から退職後に地域で暮らす期間は長くなっており、以前は支援の対象とされてきた高齢者像は大きく変化してきている。さまざまな場面で高齢者が生きがいをもち、健康面をはじめとした不安があっても安心を感じて暮らせる社会をつくっていく必要性が増すなかで、そのような社会づくりのポイントを探る。

【インタビュー】
高齢者がより地域で生き生きと暮らすためには
久田 恵(ノンフィクション作家)
熊田 佳代子〔聞き手〕(NHKエデュケーショナル シニア・プロデューサー、本誌編集委員)

【レポート機
自己実現につながる地域ビジネス参加の仕組みづくり
黒澤 繁夫(特定非営利活動法人シニアSOHO普及サロン・三鷹 副代表理事)

【レポート供
団塊世代が中心となって地域の困りごとに対応
桑原 三郎(特定非営利活動法人よろずや余之助 会長)

【レポート掘
認知症になってもその人が誇りをもって暮らせるように
鎌田 松代(公益社団法人認知症の人と家族の会 理事・事務局長)

【レポート検
生き生きと地域で暮らすために必要な安心支援の仕組み
越智 和子(社会福祉法人琴平町社会福祉協議会 常務理事・事務局長)

【論文】
社会的フレイルを予防し、高齢者の健康生活を持続させるために
―社会とのつながりが健康をつくる
山田 実(筑波大学人間系 教授)

▼好評連載!!▼
<「パラスポーツ」をより身近に><地域を支え、地域をつくる>
<今、アジアの福祉は><発見!福祉で輝く人><グラフ21><ウオッチング2020><福祉政策の焦点><ひと時間><論点><『慈善』を読み解く><実践マネジメント講座><My Voice, My Life><地域福祉ガバナンスをつくる>ほか

送料300円

定期購読もしくは10冊以上のご購入で送料無料

一冊ずつのご注文はこちら⇒

カゴに入れる

定期購読のお申込みはこちら⇒

定期購読の申し込み

特集一覧

  1. 2020年10月号SDGsは福祉に何をもたらすか
  2. 2020年8・9月合併号福祉現場で安全・安心に働くこととは ※品切れ
  3. 2020年7月号困難に直面する女性への支援
  4. 2020年6月号ボランティアの潮流
  5. 2020年5月号居住支援のこれから
  6. 2020年4月号認知症の今
  7. 2020年3月号子どもの権利をいかに守るか―社会的養護のこれから
  8. 2020年2月号社会福祉法人の連携・協働
  9. 2020年1月号高齢者の生きがいと安心を支える
  10. 2019年12月号ひきこもりの人への理解と支援
  11. 2019年11月号ソーシャルワーク教育の新しいステージ
  12. 2019年10月号子ども・子育て支援の今を探る