雑誌情報

社会福祉の新しい方向を探る総合月刊誌
〔Information〕
創刊1909年。100年を超える歴史と最新の福祉政策・動向が同居する福祉の総合誌です。

月刊福祉(2019年11月号)
雑誌
体裁:B5判 104頁
発行:毎月6日発売
価格:1,068円(本体:971円)
在庫:品切れ
特集:ソーシャルワーク教育の新しいステージ
社会福祉の新しい方向を探る総合月刊誌。社会福祉をめぐる諸課題、制度・政策の動きや地域におけるさまざまな実践事例などの最新情報を紹介。福祉関係者必読の情報誌。
☆『月刊福祉』19年11月号

▼特集▼ソーシャルワーク教育の新しいステージ

 社会福祉士と精神保健福祉士の新しい養成カリキュラム案が、2019(令和元)年6月末に公表された。2021年度から新たなカリキュラムに基づく教育内容をもとに養成が始まることになる。地域共生社会の実現に向けて求められるソーシャルワークや、実践能力を高める人材養成のあり方など、専門職団体や養成校、実践現場の立場から考察する。

【座談会】
社会福祉士・精神保健福祉士養成課程の見直しとこれからのソーシャルワーカーに求められるものとは
白澤 政和(国際医療福祉大学大学院教授、社会福祉士養成課程における教育内容等の見直しに関する作業チーム委員長)
田村 綾子(聖学院大学心理福祉学部心理福祉学科教授、精神保健福祉士の養成の在り方等に関する検討会構成員 ・ 同ワーキンググループ座長)
岡田 まり(立命館大学産業社会学部教授)
原田 正樹(日本福祉大学副学長、本誌編集委員)〔進行兼〕

【レポート機
これからの社会福祉士には何が求められるのか
島崎 義弘(社会福祉法人今治市社会福祉協議会総務部長、日本社会福祉士会理事)

【レポート供
これからの精神保健福祉士には何が求められるのか
柏木 一惠(浅香山病院ソーシャルワーカー、日本精神保健福祉士協会会長)

【レポート掘
これからのソーシャルワーカーに必要な視点―社会福祉原論教育はなぜ必要か
岩崎 晋也(法政大学現代福祉学部教授)

【レポート検
社会福祉施設で働くソーシャルワーカーへの期待と現場実習のあり方
湯川 智美(社会福祉法人六親会常務理事、本誌編集委員)

【行政説明】
社会福祉士、精神保健福祉士養成課程の見直しのポイント
厚生労働省 社会・援護局福祉基盤課福祉人材確保対策室、社会・援護局障害保健福祉部精神・障害保健課心の健康支援室

▼好評連載!!▼
<「パラスポーツ」をより身近に><地域を支え、地域をつくる>
<今、アジアの福祉は><発見!福祉で輝く人><グラフ21><ウオッチング2019><福祉政策の焦点><ひと時間><論点><『慈善』を読み解く><実践マネジメント講座><My Voice, My Life><地域福祉ガバナンスをつくる>ほか

送料300円

定期購読もしくは10冊以上のご購入で送料無料

一冊ずつのご注文はこちら⇒

2019年11月号は品切れです

定期購読のお申込みはこちら⇒

定期購読の申し込み

特集一覧

  1. 2021年7月号共生はすすんだか―国際障害者年から40年
  2. 2021年6月号ヤングケアラーを知る
  3. 2021年5月号地方分権と福祉
  4. 2021年4月号福祉を支える新たな財源
  5. 2021年3月号災害への対応はすすんだか−東日本大震災から10年を受けて−
  6. 2021年2月増刊号Withコロナ時代の社会福祉
  7. 2021年2月号福祉現場におけるICTの活用
  8. 2021年1月号どうつくる、包括的支援体制
  9. 2020年12月号摂食嚥下から考える食の意義とは
  10. 2020年11月号コロナ禍における福祉の現状と対応
  11. 2020年10月号SDGsは福祉に何をもたらすか
  12. 2020年8・9月合併号福祉現場で安全・安心に働くこととは ※品切れ