書籍情報

「住民主体」を貫く社協の実践に学ぶ
地域で「最期」まで支える 越智和子/著

地域で「最期」まで支える

−琴平社協の覚悟−

地域福祉、社会福祉協議会

越智和子 著

体裁:A5 200頁 978-4-7935-1319-0
発行年月:2019年07月  
価格:1,320円(本体:1,200円)
在庫:在庫有り
住民主体を基本として、「誰もが安心して暮らせるまちづくり」を目標に先駆的に取り組んできた社協の、事業・活動の展開と気概に満ちた職員のあゆみ。
はしがきを読む 地域で「最期」まで支えるをカゴに入れる
【目次】
序 章 琴平社協のめざすもの「誰もが安心して暮らせるまちづくり」
第1章 福祉総合相談・支援事業の取り組み
第2章 在宅福祉サービス事業の推進
第3章 住民主体の地域福祉活動の推進
第4章 福祉教育・ボランティア学習の推進
第5章 「ガァリック娘」の取り組み―地域の特産品を活用
第6章 最期まで支える仕組みづくり「地域生活総合支援サービス」
第7章 地域共生社会と琴平町

<< 前の画面に戻る