雑誌情報

社会福祉の新しい方向を探る総合月刊誌
〔Information〕
創刊1909年。100年を超える歴史と最新の福祉政策・動向が同居する福祉の総合誌です。

月刊福祉(2019年8月号)
雑誌
体裁:B5判 104頁
発行:毎月6日発売
価格:1,049円(本体:971円)
在庫:在庫有り
特集:令和時代の福祉を展望する
社会福祉の新しい方向を探る総合月刊誌。社会福祉をめぐる諸課題、制度・政策の動きや地域におけるさまざまな実践事例などの最新情報を紹介。福祉関係者必読の情報誌。
☆『月刊福祉』19年8月号

▼特集▼令和時代の福祉を展望する

 平成から令和へという改元は、この間の福祉改革をいかに総括し、次の時代にどう引き継ぐかという重要な節目になっている。平成の改革を継承し発展させていくためにも、福祉制度の縦割りや分断を超えて、包括的な支援を実現していく必要がある。本特集を通して、時代の入り口に立った展望を試みる。

【座談会】
地域共生社会をめざす潮流と社会福祉法人
野 伸一(厚生労働省社会・援護局地域福祉課 地域共生社会推進室 室長)
藤田 博久(社会福祉法人福岡市社会福祉協議会 地域福祉部長)
浦野 正男(社会福祉法人中心会 理事長)
宮本 太郎〔進行兼〕(中央大学法学部 教授、本誌編集委員長)

【インタビュー】
社会福祉の実践に新技術をどのように活かすか
神成 淳司(慶應義塾大学環境情報学部 教授、内閣官房 副政府CIO/情報通信技術(IT)総合戦略室長代理)

【論文】
地域共生社会における「住まい」の保障
―特別な住居・居住支援・地域居住
井上 由起子(日本社会事業大学専門職大学院 教授)

【レポートI】
コンパクトシティ政策と地域共生社会の推進
酒井 敏行(富山市福祉保健部長)

【レポート供
彼らと地域の10年後を見つめる
―未来への下ごしらえ
野々村 光子(東近江圏域 働き・暮らし応援センターTekito-瓮札鵐拭篠后


▼好評連載!!▼
<「パラスポーツ」をより身近に><地域を支え、地域をつくる>
<今、アジアの福祉は><発見!福祉で輝く人><グラフ21><ウオッチング2019><福祉政策の焦点><ひと時間><論点><『慈善』を読み解く><実践マネジメント講座><My Voice, My Life><地域福祉ガバナンスをつくる>ほか

送料300円

定期購読もしくは10冊以上のご購入で送料無料

一冊ずつのご注文はこちら⇒

カゴに入れる

定期購読のお申込みはこちら⇒

定期購読の申し込み

特集一覧

  1. 2019年8月号令和時代の福祉を展望する
  2. 2019年7月号新時代の福祉を支える実践
  3. 2019年6月号家族の変化と求められる支援とは
  4. 2019年5月号障害のある人の社会参加をすすめる
  5. 2019年4月号多文化共生で地域をつくる
  6. 2019年3月号災害にいかに向き合うか―要支援者支援の課題と求められる対応
  7. 2019年2月号児童虐待を起こさせない社会へ
  8. 2019年1月号平成の社会福祉と今後の展望
  9. 2018年12月号地域で支える子ども・子育て支援の展開
  10. 2018年11月号福祉を支える新機軸―科学技術の可能性
  11. 2018年10月号社会福祉法人制度改革後の姿をみる
  12. 2018年9月号メディアを活かす―地域共生社会を創りだすために