雑誌情報

今日の保育課題に取り組む保育の専門誌
〔Information〕
昨年度1年間の指導計画をまとめた『保育の友』増刊号「私たちの指導計画」も併せてご利用ください。

保育の友(2019年8月号)
雑誌
体裁:B5判 76頁
発行:毎月8日発売
価格:639円(本体:581円)
在庫:在庫有り
特集:保育の「なぜ?」を考える〜午睡〜
今日の保育課題に取り組む保育の専門誌。養護と教育が一体となった質の高い保育が求められている今日、考えて取り組む保育を提案!「毎月の指導計画」等現場で役立つカリキュラムやヒント等を紹介しています。
☆『保育の友』19年8月号

▼特集▼保育の「なぜ?」を考える〜午睡〜

 毎日の保育のなかで当たり前のように行われている「午睡」は、子どもたち一人ひとりの発達にどのような影響を及ぼしているのでしょうか。「なぜ午睡をするのか」を考え、発達過程に応じた午睡のあり方、園と家庭の連携による良質な午睡環境の整え方などについて考えます。
 2018年8月号で特集した「保育の『なぜ?』を考える」の第2弾として、「午睡」の「なぜ?」を掘り下げます。

【インタビュー】
午睡と子どもの成長について
内海 裕美(吉村小児科 院長)

【総論】 
保育における午睡の役割
咲間まり子(東京純心大学 教授)

【実践事例1】
子どもの発達や体調を考慮した午睡とは(0・1・2歳児)
和田 智子(東京都・元木保育園 主任保育士)

【実践事例2】
子どもの発達や体調を考慮した午睡とは(3・4・5歳児)
黒澤 由佳(岩手県・修紅短期大学附属認定こども園 副園長)

【実践事例3】
安心・安全な睡眠の確保と業務の遂行 
馬場 利江(福岡県・幼保連携型認定こども園 砂山こども園 主幹保育教諭)


▼好評連載!!▼
<エッセイ><保育の質を高める><保育園と家庭をつなぐコミュニケーション><教えて園医さん!Q&A><実践に活かそう! リスクマネジメント講座><保育ジャーナル><子ども理解による記録><えほん・かみしばいのひろば><わが園の「いただきます」><子どものつぶやき><応援☆保育士のココロ><発達障害傾向のある子どもの保育>ほか

送料300円

定期購読もしくは10冊以上のご購入で送料無料

一冊ずつのご注文はこちら⇒

カゴに入れる

定期購読のお申込みはこちら⇒

定期購読の申し込み

特集一覧

  1. 2021年特別増刊号コロナ禍における保育所等のさまざまな取り組み ※刊行準備中(予約注文受付中)
  2. 2021年2月号保護者の気になるかかわりにどう向き合うか
  3. 2021年1月号SNSなどを用いたコミュニケーション
  4. 2020年12月号障害のある子ども 〜保育のニーズにこたえるために〜
  5. 2020年11月号自己評価を日々の活動に活かすために ※品切れ
  6. 2020年10月号子どもの育ちをともに支える〜保護者へのアプローチ〜
  7. 2020年8・9月合併号働き続けるための良好な人間関係づくり ※品切れ
  8. 2020年7月号多文化共生の時代の保育
  9. 2020年6月号ベテラン保育者のここがすごい 〜保育者の“技”から学ぶ〜
  10. 2020年5月号職員会議を活性化する
  11. 2020年4月号子どものアレルギー疾患にどう向き合うか 〜保育士に必要な知識と技術を探る〜
  12. 2020年3月号1.「私たちの指導計画」のまとめと課題/2.子ども・子育て支援新制度 5年の検証