書籍情報

助け合いによる生活支援をはじめませんか?
改訂 助け合いによる生活支援を広げるために  新地域支援構想会議/編

住民主体の生活支援サービスマニュアル 第1巻

改訂 助け合いによる生活支援を広げるために 

〜住民主体の地域づくり〜 

地域福祉、社会福祉協議会

新地域支援構想会議 編

体裁:B5 126頁 978-4-7935-1317-6 C2036
発行年月:2019年05月  
価格:1,296円(本体:1,200円)
在庫:在庫有り
 シリーズ第1巻である本書は、「総論」にあたり、これから助け合いの取り組みに興味をもってもらうために幅広い住民や関係者への啓発や学習に活用いただけるよう、助け合いによる生活支援の意義や基本的な考え方をまとめています。<2019(令和元)年5月30日 改訂版刊行>
改訂 助け合いによる生活支援を広げるために をカゴに入れる
  本シリーズ(全7巻)は、地域における助け合いや「お互いさま」の精神を基盤として、住民が主体となって立ち上げて運営する生活支援の取り組みを地域に広げていくことを目的に、活動の考え方や成り立ちの背景、活動を立ち上げる際のポイント等をわかりやすくまとめたものです。
 シリーズ第1巻である本書は、「総論」にあたり、これから助け合いの取り組みに興味をもってもらうために幅広い住民や関係者への啓発や学習に活用いただけるよう、助け合いによる生活支援の意義や基本的な考え方をまとめています。
 平成27年度から各地で展開されている「総合事業」のさらなる推進にむけて、住民主体の助け合いをすすめるための基本テキストとして、ぜひご活用ください。なお、平成30年4月1日に「地域支援事業実施要綱」(平成18年6月9日老発第0609001号厚生労働省老健局長通知)が改正されたことに伴い、改訂版を刊行しました。

【目次】
1、地域づくりと私たちの暮らし
2、助け合いによる生活支援がめざすもの
3、助け合いによる生活支援の内容、主体
4、助け合いによる生活支援の具体化
5、助け合いによる生活支援を推進する基盤
6、助け合いによる生活支援とネットワーク
7、助け合いによる生活支援をはじめよう
8、助け合いによる生活支援の推進と新しい総合事業の活用
○資料「新地域支援構想」全文 
○用語集(16の関係用語を解説)

<< 前の画面に戻る