雑誌情報

介護に携わるプロのための応援誌
〔Information〕
『ふれあいケア』は2015年8月号で創刊20周年を迎えました。これからも「介護のプロへの応援誌」としてお仕事に役立つ情報をお届します!

ふれあいケア(2019年5月号)
雑誌
体裁:B5判 76頁
発行:毎月20日発売
価格:1,049円(本体:971円)
在庫:在庫有り
特集:施設での災害対策を考える
介護に携わるプロのための応援誌!
介護現場の視点を重視した内容で、介護に必要なノウハウが幅広く得られる誌面づくりを行っています。
高齢者介護施設スタッフなど介護の現場で活躍されている方がたのための月刊誌です。
▼特集▼施設での災害対策を考える



 地震、風水害、噴火、土砂災害……自然災害には多くの種類があり、近年の日本ではその数も増しています。いずれの災害が発生した場合も、自施設の安全を確保して利用者へのケアを継続しなければならない一方、地域の要援護者に対する支援や受け入れなどの対応も求められます。
 介護施設では災害に対して日頃からどのような備えを行う必要があるでしょうか。BCP(事業継続計画)の作成や日頃からの地域との連携など、平時から災害時を想定した施設での取り組みについて考えます。


今! 介護施設に求められる災害対策とは
菊池 俊則(岩手県・社会福祉法人 若竹会 常務理事/全国社会福祉法人経営者協議会 総務委員会 災害支援特命チーム)

【実践レポート1】
社会福祉法人におけるBCPの策定〜南海トラフ地震 事業継続に向けて〜
植村 芳明(高知県・社会福祉法人 和香会 ケアハウス白山荘 理事長)

【実践レポート2】
被災の経験から考える震災への思いと取り組み
大内 敏文(福島県・社会福祉法人 南相馬福祉会 特別養護老人ホーム 梅の香 常務理事・施設長)

【実践レポート3】
日々の地域との連携から災害対策につなげる
中川 仁(兵庫県・社会福祉法人 愛和会 宝塚地区 事務長)(平成31年4月1日より、社会医療法人 愛仁会 千船病院 管理科 科長)

自職場における効果的な災害対応研修を考える〜職員の気づきを生み出す災害過程アセスメントシートの活用〜
鈴木 俊文(静岡県立大学短期大学部 准教授)


<ふれあい訪問>
家族と実践する 心穏やかな看取りケア
特別養護老人ホーム 川越キングス・ガーデン(埼玉県川越市)

<ぬくもり歳時記>
平野 恵理子

▼新連載!!▼
<介護職員のためのキャリアアップ講座><知っておきたい医学知識><PDCAサイクルを検証しよう><福祉用具・福祉機器で自立した生活を><介護職員の倫理を考える>

▼好評連載!!▼
<えっせい><ワンポイント介護技術><介護現場のリスクマネジメント><認知症ケア相談室><明るく!働くためのヒント><パワーUP!訪問介護頼れるサ責の仕事術>ほか

送料300円

定期購読もしくは10冊以上のご購入で送料無料

一冊ずつのご注文はこちら⇒

カゴに入れる

定期購読のお申込みはこちら⇒

定期購読の申し込み

特集一覧

  1. 2019年9月号ユニットケアのこれから
  2. 2019年8月号介護職員のマナー〜信頼関係を構築するために〜
  3. 2019年7月号外国人と共に働くために
  4. 2019年6月号人材定着につながる介護職員のステップアップ
  5. 2019年5月号施設での災害対策を考える
  6. 2019年4月号「考えられる人材」を育てるリーダーになろう!
  7. 2019年3月号認知症高齢者のケアを深める
  8. 2019年2月号いつまでも食べる楽しみをもち続けるために
  9. 2019年1月号利用者の意欲を引き出す機能訓練とは
  10. 2018年12月号介護職員がもとう!ケアプランへの意識
  11. 2018年11月号看取り時における意思の尊重とは
  12. 2018年10月号地域のなかで働く施設職員になる!