書籍情報

保育にとっての社会福祉の大切さや基礎的知識が学べる
第4巻 社会福祉 『最新 保育士養成講座』総括編纂委員会/編

最新 保育士養成講座 

第4巻 社会福祉

保育にとっての社会福祉の大切さや基礎的知識が学べる

保育

『最新 保育士養成講座』総括編纂委員会 編

体裁:B5 198頁 978-4-7935-1307-7
発行年月:2019年02月  
価格:2,090円(本体:1,900円)
在庫:在庫有り
新たに「社会福祉における子ども家庭支援の視点」を理解する項目が加わるとともに、社会福祉全般に関する理論や制度体系、援助技術など、初学者にもわかりやすく学べるテキスト。
紙の書籍は以下の「カゴに入れる」からお買い求めください。
電子書籍はページ下部の電子書店からお買い求めください。
第4巻 社会福祉をカゴに入れる
≪執筆者≫(◆執筆代表者)

◆山縣 文治(関西大学教授)
◆鶴 宏史(武庫川女子大学准教授)
 小口 将典(関西福祉科学大学准教授)
 吉田 祐一郎(四天王寺大学准教授)
 小宅 理沙(同志社女子大学助教)


(目次)

序章 保育における社会福祉(山縣 文治)

 第1節 日本の人口動向
 第2節 人々の生活と社会福祉
第3節 保育者と社会福祉

第1章 社会福祉のとらえ方とその意義(山縣 文治)

第1節 社会福祉の概念と理念
 第2節 社会福祉の歩み
 第3節 社会福祉と子ども家庭福祉

第2章 社会福祉の制度と実施体系

 第1節 社会福祉の制度と法体系(小口 将典)
 第2節 社会福祉行財政と実施機関(小口 将典)
 第3節 社会福祉の施設と運営(小口 将典)
 第4節 社会福祉の専門職(小口 将典)  
 第5節 社会保障および関連制度(吉田 祐一郎)

第3章 社会福祉における相談援助(鶴 宏史)

 第1節 相談援助の理論
 第2節 相談援助の機能
 第3節 相談援助の対象と方法
 第4節 相談援助の展開過程
 第5節 相談援助の具体例

第4章 利用者の権利擁護と福祉サービスの質の保証(吉田 祐一郎)

 第1節 福祉サービスの利用促進  
 第2節 利用者の権利擁護
 第3節 福祉サービスの質の保障  

第5章 今後の課題(小宅 理沙)

 第1節 少子高齢化社会への対応  
 第2節 包容(包摂)社会の実現
 第3節 在宅福祉・地域福祉の推進
 第4節 諸外国の状況

<< 前の画面に戻る

電子書店