雑誌情報

社会福祉の新しい方向を探る総合月刊誌
〔Information〕
創刊1909年。100年を超える歴史と最新の福祉政策・動向が同居する福祉の総合誌です。

月刊福祉(2018年12月号)
雑誌
体裁:B5判 104頁
発行:毎月6日発売
価格:1,068円(本体:971円)
在庫:在庫有り
特集:地域で支える子ども・子育て支援の展開
社会福祉の新しい方向を探る総合月刊誌。社会福祉をめぐる諸課題、制度・政策の動きや地域におけるさまざまな実践事例などの最新情報を紹介。福祉関係者必読の情報誌。
☆『月刊福祉』18年12月号

▼特集▼地域で支える子ども・子育て支援の展開

 少子高齢化の進行や地域コミュニティの衰退等により顕在化した子どもと子育て家庭の抱える課題に応えるために、地域ではさまざまな支援が展開されている。親支援や子どもの居場所づくり、子どもの貧困につながる課題への対応、養育機能の低下した家庭への支援、障害児支援などのさまざまな実践を通じて、地域での子育て支援に必要な視座を検討する。

【インタビュー】
子育て家庭の抱える課題と地域で求められる支援
大日向 雅美(恵泉女学園大学学長)
篠崎 直人〔聞き手〕(社会福祉法人淳心会 平和の園園長、本誌編集委員)

【レポート機
子どもと子育て家庭を地域で支える相談支援
垣迫 弘美(社会福祉法人大分県福祉会 児童家庭支援センターゆずりはセンター長)

【レポート供
豊島子どもWAKUWAKUネットワークの取り組み
―「子ども食堂」から「WAKUWAKU ホーム」まで
天野 敬子(特定非営利活動法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク事務局長)

【レポート掘
保育所・認定こども園が取り組む種別を超えた連携による子ども・子育て支援
―地域貢献支援員(スマイルサポーター)の実践事例
前田 まゆみ(社会福祉法人八尾隣保館 幼保連携型認定こども園キリン第二こども園園長)

【レポート検
子育てに不安を抱える親を地域で支える新たな実践
宮越 裕子(社会福祉法人二葉保育園二葉乳児院 地域子育て支援センター二葉 ホームスタート二葉地域活動ワーカー)

【レポート后
子どもと地域をつなぐ児童館
―あそぶ・つながる・まちをつくる
木戸 玲子(京都市修徳児童館館長)

【レポート此
放課後等デイサービスは地域の障害児を支えているのか
松本 幸広(一般社団法人日本発達障害ネットワーク副理事長、認証委員会委員長)

▼好評連載!!▼
<グラフ21><ウオッチング2018><アダプテッドスポーツ><福祉政策の焦点><ひと時間><論点><『慈善を読み解く』><実践マネジメント講座><My Voice, My Life><地域福祉ガバナンスをつくる>ほか

送料300円

定期購読もしくは10冊以上のご購入で送料無料

一冊ずつのご注文はこちら⇒

カゴに入れる

定期購読のお申込みはこちら⇒

定期購読の申し込み

特集一覧

  1. 2020年1月号高齢者の生きがいと安心を支える
  2. 2019年12月号ひきこもりの人への理解と支援
  3. 2019年11月号ソーシャルワーク教育の新しいステージ
  4. 2019年10月号子ども・子育て支援の今を探る
  5. 2019年9月号多様な人と働き方でこれからの福祉職場をつくる
  6. 2019年8月号令和時代の福祉を展望する
  7. 2019年7月号新時代の福祉を支える実践
  8. 2019年6月号家族の変化と求められる支援とは
  9. 2019年5月号障害のある人の社会参加をすすめる
  10. 2019年4月号多文化共生で地域をつくる
  11. 2019年3月号災害にいかに向き合うか―要支援者支援の課題と求められる対応
  12. 2019年2月号児童虐待を起こさせない社会へ