雑誌情報

今日の保育課題に取り組む保育の専門誌
〔Information〕
昨年度1年間の指導計画をまとめた『保育の友』増刊号「私たちの指導計画2015」も併せてご利用ください。

保育の友(2018年10月号)
雑誌
体裁:B5判 76頁
発行:毎月8日発売
価格:627円(本体:581円)
在庫:在庫有り
特集:ICTを活用した業務軽減により、保育の質を高める
今日の保育課題に取り組む保育の専門誌。養護と教育が一体となった質の高い保育が求められている今日、考えて取り組む保育を提案!「毎月の指導計画」等現場で役立つカリキュラムやヒント等を紹介しています。
☆『保育の友』18年10月号

▼特集▼ICTを活用した業務軽減により、保育の質を高める

 保育者は日々の子どもたちの保育以外にも、会議、書類の作成や整理、そのほかの庶務など、日々こなさなくてはならない業務も多く、限られた時間の中ですべてを終わらせることがむずかしい状況にあります。これらが一因となり、子どもとふれ合う時間への影響や、心の余裕がなくなってしまうなどの課題も見受けられます。そのようななか、国で2015(平成27)年度から予算化されたICT化推進事業を活用し、保育現場の業務の負担を減らすことで、より働きやすい職場環境につなげていこうとする状況も生まれつつあります。その一方で、入力操作など機器に不慣れなことや、必要なときにいつでも使用できる環境にないなどの課題もあげられています。そこで、ICT活用の実践例などをもとに、導入に向けた環境整備、情報の共有化、情報管理のあり方などもまじえ、ICTを活用した業務軽減により生まれた時間を活かして保育の質を高める取り組みについて考えます。
【ICT=Information and Communication Technologyの略、情報通信技術】


【事例1】保育の質の向上のためのICT活用
長戸 康英 石川県・よしたけこども園園長

【事例2】ICT化のための投資とカスタマイズ
馬場耕一郎 大阪府・社会福祉法人友愛福祉会理事長

【事例3】ICTの導入・活用と保育の質の向上
大庭 良治 横浜市・うちゅう保育園統括園長

【論文】保育の質の向上とICT活用
相馬 靖明 フリーランス・子どもと保育総合研究所所員/東洋大学非常勤講師


▼好評連載!!▼
<エッセイ><気になる子どもの保育><教えて園医さん!Q&A><発信!地域に向けた社会福祉の実践><実践に活かそう! リスクマネジメント講座><保育ジャーナル><子ども理解による記録><えほん・かみしばいのひろば><子どものつぶやき><子どもに伝えたい伝統行事と文化>ほか

送料300円

定期購読もしくは10冊以上のご購入で送料無料

一冊ずつのご注文はこちら⇒

カゴに入れる

定期購読のお申込みはこちら⇒

定期購読の申し込み

特集一覧

  1. 2019年10月号子どもの権利を守る保育とは〜「子どもの権利条約」批准から25年〜
  2. 2019年9月号災害への備え 効果的な避難訓練
  3. 2019年8月号保育の「なぜ?」を考える〜午睡〜
  4. 2019年7月号チームワークで効果をあげる
  5. 2019年6月号よりよい実習とは 〜養成校と保育所の双方の視点から〜
  6. 2019年5月号保育の質を高める
  7. 2019年4月号みんなが育つ職場づくり
  8. 2019年3月号「私たちの指導計画」のまとめと課題/改定保育所保育指針の実践
  9. 2019年2月号小学校への接続、連携の大切さを考える
  10. 2019年1月号ご近所の園とつながる
  11. 2018年12月号子どもを尊重する保育とは
  12. 2018年11月号「保育所における感染症対策ガイドライン」を積極的に利用しよう