雑誌情報

今日の保育課題に取り組む保育の専門誌
〔Information〕
昨年度1年間の指導計画をまとめた『保育の友』増刊号「私たちの指導計画2015」も併せてご利用ください。

保育の友(2018年9月号)
雑誌
体裁:B5判 78頁
発行:毎月8日発売
価格:627円(本体:581円)
在庫:品切れ
特集:保育者として成長したい〜10年後もいきいきと〜
今日の保育課題に取り組む保育の専門誌。養護と教育が一体となった質の高い保育が求められている今日、考えて取り組む保育を提案!「毎月の指導計画」等現場で役立つカリキュラムやヒント等を紹介しています。
☆『保育の友』18年9月号

▼特集▼保育者として成長したい〜10年後もいきいきと〜

 保育者・保育現場への社会的要望は、近年ますます複雑・多様化しています。一方、保育者の賃金は他業種と比べても低い水準にとどまっていることや保育者不足による過重業務、同僚や保護者との人間関係のむずかしさなども指摘されています。保育者・保育現場を取り巻く状況は厳しく、保育者として長く働き続けることがむずかしくなっているといわれています。
 さまざまな課題が山積するなか、保育者がやりがいと誇りをもっていきいきと働き続けられるような職場づくりが求められます。今働いている保育者はもちろんのこと、保育現場で働くことをめざしている学生・生徒までもが、10年後の自分が働いている姿を思い描くことができるためには何が必要なのでしょうか。新任・中堅保育者が悩みの声に対する上司・先輩からのアドバイスをまじえながら、10年後もいきいきと働くことができるための方策を考えます。


【座談会】保育者として働き続けるために
園田 巌  東京都市大学准教授/本誌編集委員(司会)
服部明子 千葉県・府馬保育園園長
菊池真人 東京都・としまみつばち保育園保育士
安野果歩 東京都・藤井保育園保育士
高橋百々 岩手県・認定こども園花泉保育園保育教諭

【考察】データから見る保育士の“働き方”
矢藤誠慈郎 岡崎女子大学教授

【実践事例】保育士がいきいきと働くために充実した研修でスキルを高める
福上道則 愛知県・社会福祉法人清心会理事長/東保見こども園園長

送料300円

定期購読もしくは10冊以上のご購入で送料無料

一冊ずつのご注文はこちら⇒

2018年9月号は品切れです

定期購読のお申込みはこちら⇒

定期購読の申し込み

特集一覧

  1. 2018年11月号「保育所における感染症対策ガイドライン」を積極的に利用しよう
  2. 2018年10月号ICTを活用した業務軽減により、保育の質を高める
  3. 2018年9月号保育者として成長したい〜10年後もいきいきと〜 ※品切れ
  4. 2018年8月号保育の「なぜ?」を考える〜絵本の読み聞かせとおもちゃあそび〜
  5. 2018年7月号研修のあり方を考える
  6. 2018年6月号コミュニケーションとは
  7. 2018年5月号子どもの成長を共に楽しむ行事
  8. 2018年4月号ここが大切! 新入園児の受け入れ
  9. 2018年3月号「私たちの指導計画」のまとめと課題/保育指針等の改定と「指導計画」
  10. 2018年2月号運動あそびを家庭と共に〜低下する乳幼児期の運動能力〜
  11. 2018年1月号こう変わった!「保育指針」「教育・保育要領」
  12. 2017年12月号保育とジェンダー 〜男性保育士が語る〜