雑誌情報

社会保障の根幹としての生活保護の動向を追求する専門誌

生活と福祉(2018年7月号)
雑誌
体裁:B5判 32頁
発行:毎月20日発売
価格:417円(本体:386円)
在庫:在庫有り
特集:◆特集◆平成30年度「新任基礎研修会(査察指導員等)」から
福祉事務所のケースワーカーを主な対象とした保護行政の専門誌。社会保障の根幹としての生活保護の最新動向や指針を解説するとともに、福祉事務所の活動事例・論文を掲載した関係者必読の書。
☆『生活と福祉』18年7月号

◆巻頭言
子どもの貧困問題の解消をめざして
大城 玲子(沖縄県子ども生活福祉部長)

-----------------------------------------------------------

◆特集◆平成30年度「新任基礎研修会(査察指導員等)」から
5月に開催された研修会から、当日の収録をもとに説明要旨を掲載します。

●開講にあたって 
高橋 洋一(厚生労働省社会・援護局保護課自立推進・指導監査室長) 

●生活保護制度の概要等について
落合 克彦(厚生労働省社会・援護局保護課自立推進・指導監査室室長補佐)

●組織運営における査察指導員の役割     
山崎 隆史(厚生労働省社会・援護局保護課自立推進・指導監査室生活保護監査官)  
●査察指導員のしごと
前場 宏之(川崎市川崎区田島地区健康福祉ステーション保護課課長補佐)

●適切な援助方針の策定に向けて
大坂 秀次(函館市福祉事務所生活支援第一課主査)

●面接相談時の適切な対応について     
岡田 佑介(東京都新宿区福祉部保護担当課生活福祉第五係主査)
  
●指導監査から見た事項ごとの留意事項
山本 明彦(厚生労働省社会・援護局保護課自立推進・指導監査室生活保護監査官)
 

-----------------------------------------------------------

◆生活保護ケースワーカーのあなたへ
 〜支援で考えること、ふり返ること〜/第13回
 収入未申告と不正受給の判断 
 池谷 秀登(帝京平成大学教授) 

-----------------------------------------------------------

◆実践に役立つワンポイント/第91回
 村木 順一(川崎市川崎区大師地区健康福祉ステーション保護第3係) 
 亀田 貴典(横浜市中区福祉保健センター生活支援課生活支援担当係長)


<水脈><ケースワーカー登場/第301回><ブックレビュー>

送料300円

定期購読もしくは10冊以上のご購入で送料無料

一冊ずつのご注文はこちら⇒

カゴに入れる

定期購読のお申込みはこちら⇒

定期購読の申し込み

特集一覧

  1. 2018年7月号◆特集◆平成30年度「新任基礎研修会(査察指導員等)」から
  2. 2018年6月号◆特集◆孤立させない支援
  3. 2018年5月号◆特集帰(神30年度の生活保護
    ◆特集侠(神30年度における生活保護指導監査方針
  4. 2018年4月号平成29年度「厚生労働省社会・援護局関係主管課長会議」から
  5. 2018年3月号「平成29年度 全国厚生労働関係部局長会議」から
  6. 2018年2月号平成30年度 厚生労働省予算案の概要
  7. 2018年1月号平成29年度「生活保護就労支援員全国研修会」から
  8. 2017年12月号「生活保護査察指導に関する研究協議会」から
  9. 2017年11月号平成29年度「生活保護担当ケースワーカー全国研修会」から(後編)
  10. 2017年10月号平成30年度 厚生労働省予算概算要求の概要
  11. 2017年9月号平成29年度「生活保護担当ケースワーカー全国研修会」から(前編)
  12. 2017年8月号ケースワーカーと関係部局・団体との協働