雑誌情報

今日の保育課題に取り組む保育の専門誌
〔Information〕
昨年度1年間の指導計画をまとめた『保育の友』増刊号「私たちの指導計画2015」も併せてご利用ください。

保育の友(2018年8月号)
雑誌
体裁:B5判 76頁
発行:毎月8日発売
価格:627円(本体:581円)
在庫:在庫有り
特集:保育の「なぜ?」を考える〜絵本の読み聞かせとおもちゃあそび〜
今日の保育課題に取り組む保育の専門誌。養護と教育が一体となった質の高い保育が求められている今日、考えて取り組む保育を提案!「毎月の指導計画」等現場で役立つカリキュラムやヒント等を紹介しています。
☆『保育の友』18年8月号

▼特集▼保育の「なぜ?」を考える〜絵本の読み聞かせとおもちゃあそび〜

 決められた保育の流れのなかで日常的に行われている散歩やあそび、午睡などは、一人ひとりの子どもの発達をとらえたかかわりになっていますか? 個々の保育者が自らの保育の意味を問い、保育を楽しみながらスキルをみがいていくことで、子どもの「うれしい! 楽しい!」につながり、子どもの発達におおいに影響していきます。
 今月号では、保育のさまざまな場面から絵本とおもちゃあそびの部分を切りとり、その保育が「なぜ必要なのか」を問うことで、保育(者)の意図を振り返り、子どもの育ちに質する保育とは何かを考えます。
 さらに、調査などから明らかとなった、子ども期のあそびがその子の将来の姿にどのように影響するのかなどを専門家から学びます。


保育者が絵本を読むことの意味
早田 房美  熊本市・くすの実こども園副主任保育士

絵本の読み聞かせは0歳から
長谷川清美  福井県・社保育園園長

絵本を読むとは、どういうことか
松居 友  ミンダナオ子ども図書館館長

生きる力を育むおもちゃあそび
石井今日子  東京おもちゃ美術館副館長

自発的なあそびを通して創造的想像力が育まれる
内田 伸子  十文字学園女子大学特任教授/お茶の水女子大学名誉教授

送料300円

定期購読もしくは10冊以上のご購入で送料無料

一冊ずつのご注文はこちら⇒

カゴに入れる

定期購読のお申込みはこちら⇒

定期購読の申し込み

特集一覧

  1. 2019年8月号保育の「なぜ?」を考える〜午睡〜
  2. 2019年7月号チームワークで効果をあげる
  3. 2019年6月号よりよい実習とは 〜養成校と保育所の双方の視点から〜
  4. 2019年5月号保育の質を高める
  5. 2019年4月号みんなが育つ職場づくり
  6. 2019年3月号「私たちの指導計画」のまとめと課題/改定保育所保育指針の実践
  7. 2019年2月号小学校への接続、連携の大切さを考える
  8. 2019年1月号ご近所の園とつながる
  9. 2018年12月号子どもを尊重する保育とは
  10. 2018年11月号「保育所における感染症対策ガイドライン」を積極的に利用しよう
  11. 2018年10月号ICTを活用した業務軽減により、保育の質を高める
  12. 2018年9月号保育者として成長したい〜10年後もいきいきと〜