雑誌情報

社会福祉の新しい方向を探る総合月刊誌
〔Information〕
創刊1909年。100年を超える歴史と最新の福祉政策・動向が同居する福祉の総合誌です。

月刊福祉(2017年9月号)
雑誌
体裁:B5判 104頁
発行:毎月6日発売
価格:1,049円(本体:971円)
在庫:在庫有り
特集:地域共生社会の実現に向けた計画化
社会福祉の新しい方向を探る総合月刊誌。社会福祉をめぐる諸課題、制度・政策の動きや地域におけるさまざまな実践事例などの最新情報を紹介。福祉関係者必読の情報誌。
☆『月刊福祉』17年9月号

▼特集▼地域共生社会の実現に向けた計画化
地域共生社会の実現に向けた取り組みの推進として、市町村による地域住民と行政等との協働による包括的支援体制づくりとともに、福祉分野の共通事項を記載した地域福祉計画(各法による計画の上位計画)の策定の努力義務化がなされた。
 今後ますます重要となってくる地域福祉計画の新たな可能性について考える。


【特集の視点】
原田 正樹(日本福祉大学学長補佐、『月刊福祉』編集委員)
   
【論文機枌楼菠〇齋弉茲鮗孫埓のあるものとしていくために
松端 克文(桃山学院大学社会学部教授)

【座談会】地域共生社会をめざして―福祉21ビーナスプラン(茅野市地域福祉計
画)の挑戦
柳平 千代一(茅野市長)
竹内 武(茅野市健康福祉部長)
安藤 親男(リバーサイドクリニック所長)
原田 泰子(社会福祉法人この街福祉会生活介護事業所モモ主任)
丸茂 丈実(茅野市社会福祉協議会事務局長)
原田 正樹(日本福祉大学学長補佐、『月刊福祉』編集委員)[進行兼]

【論文供枌楼菠〇齋弉茲砲茲訛招弉茲料躪膕宗淑餝臈な支援体制の構築に焦点を
当てて
永田 祐(同志社大学社会学部准教授)

【レポート機曄峺瀕ゼロ社会の実現」をめざした大分県の挑戦
稲垣 俊和(大分県福祉保健部地域福祉推進室地域福祉班主任)

【レポート供曄峽鮃増進計画」と「地域福祉計画」の一体的な取り組み
牛村 隆一(千葉県鴨川市福祉総合相談センター長)


▼好評連載!!▼
<グラフ21><社協キャラクター図鑑><今月の政策動向><論点><ウオッチング2017><ひと時間><実践マネジメント講座><研究室探訪><人と人をつなぐ実践><My Voice, My Life 社会的養護当事者の語り><各国からの風><木陰の物語>ほか

送料300円

定期購読もしくは10冊以上のご購入で送料無料

一冊ずつのご注文はこちら⇒

カゴに入れる

定期購読のお申込みはこちら⇒

定期購読の申し込み

特集一覧

  1. 2018年1月号地域とつながる就労支援
  2. 2017年12月号「ひとり親世帯をどう支えるか」
  3. 2017年11月号福祉と「食」の関係性
  4. 2017年10月号これからの社会福祉法人の役割 −地域共生社会実現の中核を担う
  5. 2017年9月号地域共生社会の実現に向けた計画化
  6. 2017年8月号住まうことを支える
  7. 2017年7月号子どもの権利を守る
  8. 2017年6月号働き方を考える ― 多様な人材を活かす職場づくり
  9. 2017年5月号民生委員制度創設100周年
  10. 2017年4月号災害に備える、地域ネットワークづくり
  11. 2017年3月号第三者評価と福祉サービスの質の向上
  12. 2017年2月号地域で育む新しいかたちの支援