書籍情報

社会福祉士のカリキュラムに完全準拠!社会福祉を学ばれる全ての方へ!
児童家庭福祉論 『社会福祉学習双書』編集委員会/編

児童家庭福祉論

児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度

研修

『社会福祉学習双書』編集委員会 編

体裁:B5 261頁 ISBN978-4-7935-1222-3
発行年月:2017年02月  
価格:2,376円(本体:2,200円)
在庫:在庫有り
児童福祉法の理念とその歴史をふまえ、次世代育成支援対策等行政施策やサービス体制、援助活動の実際等についても具体的に解説。
児童家庭福祉論をカゴに入れる
(目次)
第1章 児童家庭福祉の理念と歩み
 第1節 児童家庭福祉の理念及び概念
 第2節 児童育成責任
 第3節 子どもの権利保障
 第4節 児童家庭福祉制度の発展過程
第2章 現代の家族や社会の状況と福祉ニーズ
 第1節 多様化する家族
 第2節 子ども、家族を取り巻く社会の状況と家族関係
 第3節 児童・家庭の福祉ニーズの実際
第3章 児童家庭福祉サービスの現状と課題
 第1節 要保護児童のための福祉サービス
 第2節 被虐待児のための福祉サービス
 第3節 情緒障害児童、非行児童のための福祉サービス
 第4節 障害児のための福祉サービス
 第5節 ひとり親家庭のための福祉サービス
 第6節 母子保健サービス
 第7節 児童の健全育成サービス
 第8節 子ども・子育て支援サービス
第4章 児童家庭福祉に関する法制度
 第1節 国際条約
 第2節 児童家庭福祉の基本的法律
 第3節 社会や社会福祉の基礎に関する法律
 第4節 子どもの生活や福祉に関する法律
第5章 児童家庭福祉制度における組織及び団体の役割と実際
 第1節 国の役割
 第2節 都道府県の役割
 第3節 市町村の役割
 第4節 児童相談所の役割
 第5節 児童委員・主任児童委員の役割
 第6節 家庭裁判所の役割
 第7節 児童家庭福祉制度における公民の役割関係
第6章 児童家庭福祉の援助の実際
 第1節 要保護児童対策地域協議会
 第2節 児童相談所による支援
 第3節 児童養護施設による支援
 第4節 保育所による児童家庭支援
 第5節 障害児の在宅支援
 第6節 里親による支援
 第7節 地域子ども・子育て支援
 第8節 次世代育成支援
第7章 児童家庭福祉の未来
 第1節 新たな施策の展開
 第2節 新たな児童家庭福祉の再構築に向けて

<< 前の画面に戻る