雑誌情報

社会保障の根幹としての生活保護の動向を追求する専門誌

生活と福祉(2016年11月号)
雑誌
体裁:B5判 32頁
発行:毎月20日発売
価格:417円(本体:386円)
在庫:在庫有り
特集:平成28年度「全国生活保護査察指導員研修会」から
福祉事務所のケースワーカーを主な対象とした保護行政の専門誌。社会保障の根幹としての生活保護の最新動向や指針を解説するとともに、福祉事務所の活動事例・論文を掲載した関係者必読の書。
☆『生活と福祉』16年11月号

▼11月号の特集では、平成28年度「全国生活保護査察指導員研修会」の模様をお伝えしています。今年は新たに「精神障害者の理解と接し方」講座を掲載し、パワーアップしてお届けします。ぜひ、日々の業務にお役立てください。

◆巻頭言◆
 人口最少県の取り組みを全国へ―「共生社会の実現」と「子育て環境の整備」―
  鳥取県福祉保健部長 藪田 千登世

◆特集◆
 平成28年度「全国生活保護査察指導員研修会」から

 生活保護制度の適正な実施等について
  厚生労働省社会・援護局保護課保護係長 高橋 勲

 医療扶助の適正な実施等について
  厚生労働省社会・援護局保護課医療係長 大沼  史英

 生活困窮者自立支援制度について
  厚生労働省社会・援護局地域福祉課
  生活困窮者自立支援室自立支援専門調査員 石原  隆司

 精神障害者の理解と接し方
  公益財団法人横浜市総合保健医療財団
  横浜市総合保健医療センター課長補佐 伊藤未知代

 査察指導員の役割と業務の実際
  厚生労働省社会・援護局保護課
  自立推進・指導監査室生活保護監査官 高橋  博英

◆生活保護最前線
 生活に困っている方への適切な相談と自立支援
  横浜市鶴見区福祉保健センター生活支援課生活支援担当係長 関口 洋平

◆『自立支援』パワーアップ講座/第6回
 「自立支援プログラム」支援過程のポイント(下)
  ―支援計画の策定と支援の実施―
  首都大学東京教授 岡部 卓

◆実践に役立つワンポイント/第73回
 ・記録を読むのは誰か
  東京都目黒区福祉事務所生活福祉課 中村 翔
 ・ケースワーカーを「支持」することについて
  埼玉県秩父福祉事務所生活保護・地域福祉担当 羽田 淳
        

▼連載▼
<水脈> <ケースワーカー登場/283回> ほか

次号(12月号)特集テーマ(予定):
スーパービジョンの機能と効果―査察指導員とケースワーカー―

送料300円

定期購読もしくは10冊以上のご購入で送料無料

一冊ずつのご注文はこちら⇒

カゴに入れる

定期購読のお申込みはこちら⇒

定期購読の申し込み

特集一覧

  1. 2017年11月号平成29年度「生活保護担当ケースワーカー全国研修会」から(後編)
  2. 2017年10月号平成30年度 厚生労働省予算概算要求の概要
  3. 2017年9月号平成29年度「生活保護担当ケースワーカー全国研修会」から(前編)
  4. 2017年8月号ケースワーカーと関係部局・団体との協働
  5. 2017年7月号平成29年度「新任基礎研修会(査察指導員等)」から
  6. 2017年6月号子どもの貧困対策の今/平成29年度の生活保護(2)
  7. 2017年5月号平成29年度の生活保護(1)/平成29年度における生活保護指導監査方針
  8. 2017年4月号平成28年度「厚生労働省社会・援護局関係主管課長会議」から
  9. 2017年3月号平成28年度「全国厚生労働関係部局長会議」から
  10. 2017年2月号平成29年度 厚生労働省予算案の概要
  11. 2017年1月号平成28年度「生活保護就労支援員全国研修会」から
  12. 2016年12月号スーパービジョンの機能と効果 ― 査察指導員とケースワーカー ―