雑誌情報

今日の保育問題にとりくむ保育の専門誌
〔Information〕
昨年度1年間の指導計画をまとめた『保育の友』増刊号「私たちの指導計画2015」も併せてご利用ください。

保育の友(2016年7月号)
雑誌
体裁:B5判 76頁
発行:毎月8日発売
価格:627円(本体:581円)
在庫:在庫有り
特集:小学校とのよりよい連携・接続を考える
今日の保育問題にとりくむ保育所保育の専門誌。養護と教育が一体となった質の高い保育が求められている今日、考えて取り組む保育を提案!「毎月の指導計画」等現場で役立つカリキュラムやヒント等を紹介しています。
☆『保育の友』16年7月号

▼特集▼小学校とのよりよい連携・接続を考える
 保育所はゼロ歳から六歳までの発達の連続性を重視した保育を実践しています。幼保連携型認定こども園でも、発達や学びの連続性を踏まえ、小学校との円滑な接続が基本的な考え方にあげられています。しかし、保育現場と小学校の教育現場との相互理解や日常的な交流が不十分などの理由から、子どもたちが小学校生活になじめない状況も見られるようです。
 そこで、よりよい子どもの育ちを支えるため、就学前に保育所等で培ってきたことをどのように小学校に伝え、つなげていくべきか、アプローチカリキュラムの実践など、小学校関係者との情報共有や相互理解を深めていくうえで必要な視点について、座談会、各地の実践を通して考えてみました。

▼特集▼小学校とのよりよい連携・接続を考える

 保育所はゼロ歳から六歳までの発達の連続性を重視した保育を実践しています。
幼保連携型認定こども園でも、発達や学びの連続性を踏まえ、小学校との円滑な接
続が基本的な考え方にあげられています。しかし、保育現場と小学校の教育現場と
の相互理解や日常的な交流が不十分などの理由から、子どもたちが小学校生活にな
じめない状況も見られるようです。
 そこで、よりよい子どもの育ちを支えるため、就学前に保育所等で培ってきたこ
とをどのように小学校に伝え、つなげていくべきか、アプローチカリキュラムの実
践など、小学校関係者との情報共有や相互理解を深めていくうえで必要な視点につ
いて、座談会、各地の実践を通して考えてみました。


 座談会 小学校との円滑な連携・接続を探る

  鈴木 美岐子 千葉県・花の井保育園園長
  高木  俊樹 神奈川県・秦野市立本町小学校校長
  山崎 友記子 毎日新聞社医療福祉部副部長
  天野  珠路 日本女子体育大学准教授

 個別の配慮が必要な子どもへの支援〜小学校との連携・接続に向けた取り組み
  福澤  紀子 青森県・幼保連携型認定こども園つるた乳幼児園園長

 北九州市における保幼小連携事業の概要とその効果
  北野  久美 北九州市・あけぼの愛育保育園園長


▼好評連載!!▼
≪私たちの指導計画<7月>≫<元気っ子バンザイ2016><教えて! 工作マエストロPART供筺稱欅蕷猗! 自然をあそぼう><環境構成を考えてみよう><ひろがるうたあそび><エッセイ><幼保連携型認定こども園の実践から見えるもの><ひろげよう! 地域への子育て支援><子どもの命を守る! 事故防止対策><大切にしたい伝承あそび><霞が関><教えて園医さん!Q&A><保育園と家庭をつなぐコミュニケーション><保育ジャーナル><えほん・かみしばいのひろば><応援☆保育士のココロ>ほか


次号(8月号)特集テーマ(予定):主任保育士・主幹保育教諭に今求められる役割

送料300円

定期購読もしくは10冊以上のご購入で送料無料

一冊ずつのご注文はこちら⇒

カゴに入れる

定期購読のお申込みはこちら⇒

定期購読の申し込み

特集一覧

  1. 2017年8月号子どもの最善の利益とは〜よりよい保育実践につなげるために〜
  2. 2017年7月号家庭との連携で睡眠リズムを整えよう
  3. 2017年6月号ゆとりある保育のために〜知恵と工夫で業務の見直しを〜 ※品切れ
  4. 2017年5月号新たに示される保育指針とこれからの保育
  5. 2017年4月号伝わる園便り・クラス便りを作ろう!
  6. 2017年3月号「私たちの指導計画」のまとめと課題/対談 新たな保育所保育とこれからの「指導計画」
  7. 2017年2月号子どもにとって安全な保育環境づくりをめざして
  8. 2017年1月号「保育所保育指針中間とりまとめ」と私たちの実践
  9. 2016年12月号受けてよかった!「第三者評価」
  10. 2016年11月号“あそび”をもっと豊かに、楽しく!
  11. 2016年10月号園医さんと共に見守る子どもの健康
  12. 2016年9月号地域に根ざした保育所をめざして