雑誌情報

社会保障の根幹としての生活保護の動向を追求する専門誌

生活と福祉(2015年1月号)
雑誌
体裁:B5判 32頁
発行:毎月20日発売
価格:425円(本体:386円)
在庫:品切れ
特集:平成26年度「生活保護就労支援員全国研修会」から
福祉事務所のケースワーカーを主な対象とした保護行政の専門誌。社会保障の根幹としての生活保護の最新動向や指針を解説するとともに、福祉事務所の活動事例・論文を掲載した関係者必読の書。
☆『生活と福祉』15年1月号

▼1月号は、「年頭所感」で2015年を展望し、特集『平成26年度「生活保護就労支援員全国研修会」から』のほか、好評連載「生活困窮者自立促進支援モデル事業・自立相談支援事業」などを収録。日々の業務にぜひお役立てください。

◆巻頭言◆
 新しい年を迎えて
     厚生労働省社会・援護局長 鈴木 俊彦

◆年頭所感◆
 2015年を迎えて―今年の社会保障・社会福祉を展望する―
  ○「三つの改革」で地域の力を引き出す年に   
     中央大学法学部教授 宮本 太郎
  ○元気で心豊かに暮らせる地域社会の実現のために   
     新潟県福祉保健部長 本間 俊一

◆特集◆
 平成26年度「生活保護就労支援員全国研修会」から
  ○早期の集中的な就労・自立支援について
     厚生労働省社会・援護局保護課生活保護自立助長専門官 河原 秀和

  ○板橋区の就労支援における就労支援員の役割について
     東京都板橋区福祉部板橋福祉事務所 自立支援係長 鳥羽 真
     就労支援相談員 小熊 圭子/就労支援相談員 渡部 光二
     
  
  ○ハローワークと福祉事務所の連携
     北九州市小倉北福祉事務所就労支援専門員 片野坂 宏

◆「生活困窮者自立促進支援モデル事業・自立相談支援事業」の取り組み/第8回◆
  生活困窮者支援のための地域ネットワークづくり
     札幌市保健福祉局総務部保護指導課制度担当係長 渡辺 亘

◆第5回/改正生活保護法逐条解説◆
 第50条第2項(指定医療機関への指導)
 第51条第2項(指定医療機関の指定の取消し)
 第83条の2(指定医療機関の指定を取り消した場合の厚生労働大臣への通知)
 第54条(指定医療機関に対する報告徴収、立入検査等)
     厚生労働省社会・援護局保護課

◆実践に役立つワンポイント/第53回◆
 ○他部署・他機関との連携で心がけていること
 ○利用者からのクレームをどう受け止めるか    

▼連載▼
<水脈><ケースワーカー登場>/ほか

次号(2月号)特集テーマ(予定):
 特集:平成27年度 厚生労働省予算案の概要

送料300円

定期購読もしくは10冊以上のご購入で送料無料

一冊ずつのご注文はこちら⇒

2015年1月号は品切れです

定期購読のお申込みはこちら⇒

定期購読の申し込み

特集一覧

  1. 2020年5月号◆特集帰[疣贈嫁度の生活保護 ◆特集侠[疣贈嫁度における生活保護指導監査方針
  2. 2020年4月号◆特集◆令和元年度「厚生労働省社会・援護局関係主管課長会議」から
  3. 2020年3月号◆特集I◆令和元年度「全国厚生労働関係部局長会議」から◆特集II◆日常生活支援住居施設の創設について
  4. 2020年2月号◆特集◆令和2年度 厚生労働省予算案の概要
  5. 2020年1月号◆特集◆令和元年度「生活保護就労支援員全国研修会」から
  6. 2019年12月号◆特集◆令和元年度「全国生活保護査察指導に関する研究協議会」から(後編)
  7. 2019年11月号◆特集帰[疣存鞠度「生活保護担当ケースワーカー全国研修会」から(後編)◆特集侠[疣存鞠度「全国生活保護査察指導に関する研究協議会」から(前編)
  8. 2019年10月号◆特集◆令和2年度厚生労働省予算概算要求の概要
  9. 2019年9月号◆特集◆令和元年度「生活保護担当ケースワーカー全国研修会」から(前編)
  10. 2019年8月号◆特集◆健康の保持増進で、被保護者の自立を助長―データに基づいた生活保護受給者の健康管理支援―
  11. 2019年7月号◆特集◆令和元年度「新任査察指導員研修会」から
  12. 2019年6月号◆特集◆生活保護受給者に対する就労支援のあり方
    ―多様な働き方で生活を豊かにするために―