書籍情報

総合事業を知り、生活支援サービスをひろげる
全社協ブックレット(4)地域にひろげよう “お互いさま”の生活支援サービス 全国社会福祉協議会/編

全社協ブックレット(4)地域にひろげよう “お互いさま”の生活支援サービス

〜新たな介護予防・日常生活支援総合事業の展開にむけて〜

地域福祉、社会福祉協議会

全国社会福祉協議会 編

体裁:A5 107頁 ISBN978-4-7935-1152-3
発行年月:2015年01月  
価格:810円(本体:750円)
在庫:在庫有り
 平成27年度からの介護保険制度改正において、住民主体による多様な生活支援サービスが「介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)」に位置付けられ、その推進・拡充のため、協議体や生活支援コーディネーターの設置が図られることとなりました。
 これを受けて、「生活支援サービス推進セミナー」(主催:社会福祉法人 全国社会福祉協議会、運営企画:新地域支援構想会議)が、平成26年9月18日に東京で開催されました。本書は、このセミナーの内容を基調に、自治体関係者や助け合い活動団体等が「ガイドライン案」の考え方や助け合い活動の役割、助け合い活動の推進・支援のあり方、自治体の役割等について理解を深めることができるようにまとめています。
 各地域で協議体の立ち上げにあたっての学習会等の資料としても、ぜひご活用ください。
全社協ブックレット(4)地域にひろげよう “お互いさま”の生活支援サービスをカゴに入れる
機箸互いさま”の生活支援サービスの展開にむけた総合事業のポイント
 1.地域包括ケアシステムの推進と住民主体の助け合い活動の役割
 2.総合事業の目的・考え方
 3.サービスの類型
 4.一般介護予防事業
 5.サービスの流れ
 6.協議体、生活支援コーディネーターの目的と役割
 7.総合事業への円滑な移行(スケジュール)
   『新地域支援構想』の概要

恐雜醉祝鼻ζ常生活支援総合事業の概要と助け合い活動への期待
   厚生労働省老健局振興課長 高橋 謙司

掘愎恵楼荵抉膵汁曄戮めざすもの
 ・助け合いで大きなプラス効果を生み出そう
   公益財団法人さわやか福祉財団 会長 堀田 力
 
 ・連携で地域にあったしくみづくりを
   日本生活協同組合連合会 組織推進本部 
   福祉事業推進部長 山際 淳

 ・新地域支援事業にむけて助け合い活動に求められるもの
   社会福祉法人全国社会福祉協議会 事務局長
   渋谷 篤男

玄汰事例
 「地域のニーズから生まれた助け合い・生活支援サービスの実際」
 |榔鏃秦反イ砲茲觚守りや生活支援
  NPO法人鶴ヶ島第二小学校区地域支え合い協議会
  会長 柴崎 光生

 ⊇嗣瓜臆歎榛濛霾〇礇機璽咼后碧問サービス等)
  NPO法人しみんふくし滋賀 専務理事・事務局長/
  住民参加型在宅福祉サービス団体全国連絡会 副代表幹事
  成瀬 和子
  
 D未い両譟△佞譴△ぁΔいいきサロン、コミュニティカフェ
  NPO法人たすけあい遠州 代表理事 稲葉ゆり子

 ぐ榮哀機璽咼
  NPO法人かながわ福祉移動サービスネットワーク 事務局長
  NPO法人全国移動サービスネットワーク 理事
  石山 典代

 タ事サービス
  老人給食協力会ふきのとう 代表
  一般社団法人全国老人給食協力会 専務理事
  平野 覚治

 β靉圭
  NPO法人はなのいえ 理事長
  宅老所・グループホーム全国ネットワーク 世話人
  内海 正子

 Ыけ合い活動団体のネットワーク
  社会福祉法人新潟市社会福祉協議会地域福祉課
  ボランティア・市民活動支援センター 主事
  帯川 法子

校駑
 ・「新地域支援構想」
 ・介護予防・日常生活支援総合事業ガイドライン案(概要)

<< 前の画面に戻る