雑誌情報

社会福祉の新しい方向を探る総合月刊誌
〔Information〕
創刊1909年。100年を超える歴史と最新の福祉政策・動向が同居する福祉の総合誌です。

月刊福祉(2014年5月号)
雑誌
体裁:B5判 104頁
発行:毎月6日発売
価格:1,049円(本体:971円)
在庫:品切れ
特集:障害者権利条約、批准―これからの社会を考える
社会福祉の新しい方向を探る総合月刊誌。社会福祉をめぐる諸課題、制度・政策の動きや地域におけるさまざまな実践事例などの最新情報を紹介。福祉関係者必読の情報誌。
☆『月刊福祉』14年5月号

▼特集▼障害者権利条約、批准―これからの社会を考える
 障害者への差別をなくし、社会参加を促す国連障害者権利条約が日本でも6年越しでようやく批准された。
 同条約の批准書は、2014年1月20日に国連へ提出され、日本は140番めの批准国となった。日本政府は2007年に条約に署名していたが、障害者団体などから「形だけの批准となりかねず、国内法整備が先」との意見が出て手続きが中断しており、6年かけて国内法の整備を図ってきた。
 障害者権利条約の批准を受け、障害者権利条約とは何か、批准までの道程も含めて考察する。

【論文I】
 障害者権利条約とは―批准までの道のりと条約の意義
  小澤 温(筑波大学人間系教授)

【論文II】
 障害者権利条約実施―批准後の課題
  長瀬 修(立命館大学客員教授)

【意見1】
 「他の者と平等に地域で暮らす」を基本に
  尾上 浩二(障害者インターナショナル日本会議事務局長)

【意見2】
 「病気」は「障害」か?―「患者」の完全参加と平等の具体化
  青木 志帆(弁護士)

【意見3】
 「働く(労働および雇用)」視点から多様な就労を考える
  松井 亮輔(法政大学名誉教授)

【意見4】
 施設と社会―その垣根をなくすには
  白江 浩(社会福祉法人ありのまま舎 太白ありのまま舎施設長)

【寄稿】
 権利条約をいかに奏でるか
  藤井 克徳(日本障害フォーラム幹事会議長)

▼好評連載!!▼
<グラフ21><社協キャラクター図鑑><ひと時間><ウオッチング2014><論点・社会福祉><すすめ福祉職員! 福祉職員のキャリアパスと生涯研修><社会福祉施設のためのリスクマネジメント再考><管理者が知っておきたい労務管理><福祉サービスの質の向上につながる苦情相談対応><新社会福祉法人会計基準による財務諸表作成と情報開示のチェックポイント><シリーズ人と人をつなぐ実践><今月のキーワード><研究室探訪><復興日記><木陰の物語>ほか

送料300円

定期購読もしくは10冊以上のご購入で送料無料

一冊ずつのご注文はこちら⇒

2014年5月号は品切れです

定期購読のお申込みはこちら⇒

定期購読の申し込み

特集一覧

  1. 2018年1月号地域とつながる就労支援
  2. 2017年12月号「ひとり親世帯をどう支えるか」
  3. 2017年11月号福祉と「食」の関係性
  4. 2017年10月号これからの社会福祉法人の役割 −地域共生社会実現の中核を担う
  5. 2017年9月号地域共生社会の実現に向けた計画化
  6. 2017年8月号住まうことを支える
  7. 2017年7月号子どもの権利を守る
  8. 2017年6月号働き方を考える ― 多様な人材を活かす職場づくり
  9. 2017年5月号民生委員制度創設100周年
  10. 2017年4月号災害に備える、地域ネットワークづくり
  11. 2017年3月号第三者評価と福祉サービスの質の向上
  12. 2017年2月号地域で育む新しいかたちの支援