書籍情報

あなたの保育へのヒントがきっとみつかります。
保育園と家庭をつなぐHOW TOコミュニケーション 『保育の友』編集部/編

保育園と家庭をつなぐHOW TOコミュニケーション
保育

『保育の友』編集部 編

体裁:四六版 208頁 ISBN978-4-7935-1000-7
発行年月:2010年02月  
価格:1,296円(本体:1,200円)
在庫:在庫有り
 保育園において、保護者との日々のコミュニケーションの積み重ねは、大きな信頼につながります。しかし、ちょっとした行き違いが誤解をうみ、大きな問題になることも…。
 そんな保育現場での事例をとりあげ、月刊誌『保育の友』では2003年5月から「保育園と家庭をつなぐコミュニケーション」のコーナーを設け、保護者支援の実際を紹介してきました。
 本書は、これまでの連載から選りすぐり、新たに単行本としてまとめたものです。
はしがきを読む 保育園と家庭をつなぐHOW TOコミュニケーションをカゴに入れる
PART1 子どもが原因となるトラブルとアドバイス
・うちの子いじめられているのでは?という連絡を受けました
・お友だちに引っかかれたことを伝えたら泣いてしまいました
・隠れて意地悪を!でもお母さんは「うちの子はいい子」の一点ばり 他

PART2 保護者を原因とするトラブルとアドバイス
・子どもに保育園の不満をいう保護者に戸惑っています
・今年の担任はハズレ!と陰でいう保護者がいます
・気分屋の保護者がいます。毎日、顔を見ながらビクビクしています 他

PART3 保育園の行事やきまり事が原因となるトラブルとアドバイス
・運動会会場を変更したことでクレームが…
・行事に対する考え方が違う保護者に、どう対応すればいい?
・手作り品の用意をお願いすると、文句をいう保護者がいます 他

PART4 保育士の失敗が原因となるトラブルとアドバイス
・職員間の連携不足で信頼を失ってしまいました
・連絡帳の入れ間違いで、保護者からクレームが
・用意する物、持ち物などの連絡方法が「いい加減」といわれました 他

PART5 ケガ・病気・気になる子どもを原因としたトラブルとアドバイス
・うちの子は障害があるから…と消極的なお母さん
・明らかに障害があると思うのですが、お母さんにどう話せばいい?
・発達について気になることをお話ししたら、怒りだしてしまいました 他

<< 前の画面に戻る