試し読み

保育の友(2022年9月号)

2022年9月号特集 あらためて行事の意義を考える

ジャンル 職種・階層別区分  > 保育園、認定こども園
職種・階層別区分  > 教員
職種・階層別区分  > 学生
雑誌  > 保育の友
出版年月日 2022/08/08
雑誌コード 0803909
判型・ページ数 B5・76ページ
定価 639円(税込)
在庫 在庫あり

『保育の友』定期購読のご案内

 これまで行ってきた園の行事がコロナ禍により中止や縮小などの変更を余儀なくされるなかで、その行事の意義をあらためて問うことになった園も多いのではないでしょうか。そこで、代表的な行事について、コロナ禍を通して見いだされた中核的な意義を明らかにするとともに、それによる実施形態の変更、変更による効果などを、読者と共に考えます。

総論 園が行う行事の意義と工夫
    天野 珠路 鶴見大学短期大学部 教授

報告 コロナ禍における行事に関する調査結果
事例1  コロナ禍で進化した行事
      荻野 佳子 岡山県・社会福祉法人つくし福祉会 和井田保育園 園長
事例2  量より質を重視したことで気づいた行事の大切さ
     有江 涼子 福岡市・社会福祉法人協和会 信和保育園 主任保育士

【連載】
エッセイ 見上げれば、そこは宇宙〈永田美絵〉
ひとつうえの保育をめざして⑤〈石井章仁〉
のびのび、いきいき、私の園⑰
 保育現場でも増えている介護離職~誰もが直面するリスクがあることを知っていますか?~〈菊地加奈子〉
知っておきたい こどもと保護者のサポーター⑤~特別養子縁組~〈吉田幸恵〉
最新・子どもの「こころとからだ」を育む発達支援論⑰~指先の力が弱い子ども~〈笹田 哲〉
保育ジャーナル232~保育所等における子育て支援のあり方~〈金森三枝〉
                              他

創刊70周年。『保育の友』は、日々の保育実践に役立つ情報が満載の保育専門誌です。
― 毎日の保育が楽しくなる!保育実践に役立つ情報・ヒントが満載!
― 全国各地の特色ある指導計画は、多くの保育所・認定こども園等でご活用いただいています。
― 日々の業務に追われる毎日をお過ごしの保育者の皆さん、『保育の友』を通じて全国の仲間たちとつながりませんか?

【2022年度→→→注目の新連載】
▼ ひとつうえの保育をめざして
 第三者評価の項目をもとに、保育の質を高めていくうえで必要な取り組みについて紹介します。
▼ 知っておきたい こどものためのサポーター
 子ども家庭福祉に関わる施設・事業について概要や現状、保育所等とのつながりなどを紹介します。
 ○主な内容(予定):乳児院、児童養護施設、母子生活支援施設 など

≪このような方におすすめします≫
●新任保育者として、技術だけでなく、多くの保育実践を学びたい方
●ベテラン保育者として、全国津々浦々の保育実践を吸収し、自身の園の保育の質向上に努めたい方
●これからプロの保育者をめざそうとする学生で、今の保育実践を知りたい方
●現在、保育現場を離れているものの、今の保育の流れをおさえておきたいと思っている方

ご注文

639円(税込)

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加