月刊福祉(2021年7月号)

月刊福祉(2021年7月号)

2021年7月号特集 共生はすすんだか―国際障害者年から40年

ジャンル 雑誌  > 月刊福祉
障害者福祉
職種・階層別区分  > 経営者、管理者
職種・階層別区分  > 教員
出版年月日 2021/06/07
雑誌コード 0335907
判型・ページ数 B5・104ページ
定価 1,068円(税込)
在庫 在庫あり

『月刊福祉』定期購読のご案内

1981年の「国際障害者年」から今年で40年、当時めざされたものは、障害のある人の社会への「完全」な「参加」と、障害のない人との「平等」であった。現在は障害のある人もない人も暮らしやすいユニバーサルな社会をつくり、ともに地域で共生するという方向性が打ち出されている。果たして共生はすすんだのか。さまざまな視点から検証する。
▼特集▼共生はすすんだか―国際障害者年から40年

【論文】 障害に関する共生社会づくりはすすんだのか
小澤 温(筑波大学大学院人間総合科学学術院 教授) 

【インタビュー】 ともに生きていける社会になるには
玉木 幸則(特定非営利活動法人 日本相談支援専門員協会 顧問、NHK Eテレ『バリバラ』コメンテーター) 
熊田 佳代子(NHKエデュケーショナル 専任部長・プロデューサー、本誌編集委員〔聞き手〕)
 
【論点Ⅰ】 地域でともに暮らすために
白江 浩(社会福祉法人ありのまま舎 常務理事) 

【論点Ⅱ】 法定雇用率がなくても障害者を雇用しますか? 働く場はインクルーシブですか?
久野 研二(特定非営利活動法人障害平等研修フォーラム 代表理事)
 
【論点Ⅲ】 一緒に学ぶ
―インクルーシブな教育は実現できたか
柘植 雅義(筑波大学人間系知的・発達・行動障害学分野 教授) 

【論点Ⅳ】 障害のある人と家族・きょうだいが共生していくには
―「障害のある人VS親VSきょうだい」にならない理解と支援を
藤木 和子(Sibkoto障害者のきょうだいのためのサイト 共同運営者) 

【論点Ⅴ】 出生前検査の実施体制と共生社会
河合 蘭(出産ジャーナリスト)

▼好評連載!!▼
<渋沢栄一の歩みから見る福祉の今><視点―これからの社会福祉の展望><災害から学ぶ 災害に備える><協働でつくる新たな地域><グラフ21><発見!福祉で輝く人><ひと時間><My Voice, My Life><実践マネジメント講座> ほか年

創刊1909(明治42)年。100年を超える伝統と歴史――
『月刊福祉』は、最新の福祉政策・動向をお届けする信頼と実績の福祉の総合誌です。
― 変化する社会保障・社会福祉制度の動向や課題を整理
― 多様な福祉課題への対応を、実践事例を交えながら多角的に紹介
― 福祉関係者はもちろん、福祉の今を知りたい方々にもお読みいただきたい1冊

【2022年度→→→注目の新連載】
▼ 出会いと発見 ― 実践の扉
 継続的・先進的な福祉実践活動や、全国でも特徴ある取り組みを広く紹介します。
▼ 数を読み解く
 福祉に関わるさまざまなトピックのなかから毎月一つの数字をピックアップ、その数字の背景を深掘りし、そこから何が読み解けるのか解説します。
▼ ギャップを埋める ― 職場円滑化のキーアクション
 コミュニケーションを円滑にすすめる、その前提となる相互理解を深めるための手法やポイントを学びます。

≪このような方におすすめします≫
●今、知っておきたいテーマを第一線の学識者等の解説から学びたい方
●今の福祉を多角的な視点から福祉施設経営に活かしたい、社会福祉法人経営者の方
●社会福祉を研究する学生の方、福祉の最前線で活躍する施設職員の方
…毎日を有意義に過ごすためのヒントが『月刊福祉』には詰まっています。

ご注文

1,068円(税込)

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加