月刊福祉(2021年6月号)

月刊福祉(2021年6月号)

2021年6月号特集 ヤングケアラーを知る

ジャンル 雑誌  > 月刊福祉
児童福祉  > 児童福祉
職種・階層別区分  > 経営者、管理者
職種・階層別区分  > 教員
出版年月日 2021/05/06
雑誌コード 0335906
判型・ページ数 B5・104ページ
定価 1,068円(税込)
在庫 在庫あり

『月刊福祉』定期購読のご案内

近年、ヤングケアラーの存在やおかれている困難な状況が指摘されるなど、注目が集まっている。しかし、これは新たな課題ではなく、これまで多くの福祉関係者がケースに近接していた可能性がある。ケアそのものの負担や孤立・孤独など、ヤングケアラーの現状と課題を明らかにし、福祉関係者に求められる視点や取り組むべき支援について提起する。
▼特集▼ヤングケアラーを知る

【論文Ⅰ】ヤングケアラー(家族のケアを担う子どもたち)― 現状とその背景
濱島 淑惠(大阪歯科大学医療保健学部 教授)
 
【論文Ⅱ】子ども家庭福祉の視点から見る ヤングケアラーの抱える課題
初谷 千鶴子(学校法人増田学園 千葉女子専門学校 専任教諭)
 
【メッセージ】ヤングケアラー・若者ケアラーの声 ― 当時の経験を振り返って
木下 こゆる(横浜ヤングケアラーヘルプネット 共同代表)
 
【レポートⅠ】ヤングケアラーの発見とその支援について
長田 美智留(南魚沼市教育委員会 スクールソーシャルワーカー)
 
【レポートⅡ】ヤングケアラーを知り、支援していくために― 要対協・子ども家庭相談の立場から
北村 充(豊橋市こども若者総合相談支援センター 副センター長)

【レポートⅢ】家族への支援で出会うヤングケアラー― 精神科医療機関の精神保健福祉士の立場から
牛塲 裕治(福井県立大学看護福祉学部 助教)

【レポートⅣ】埼玉県のヤングケアラーの現状と支援について
石井 悠史(埼玉県福祉部地域包括ケア課 地域包括ケア担当 主幹)

▼好評連載!!▼
<渋沢栄一の歩みから見る福祉の今><視点―これからの社会福祉の展望><災害から学ぶ 災害に備える><協働でつくる新たな地域><グラフ21><発見!福祉で輝く人><ひと時間><My Voice, My Life><実践マネジメント講座> ほか

創刊1909(明治42)年。100年を超える伝統と歴史――
『月刊福祉』は、最新の福祉政策・動向をお届けする信頼と実績の福祉の総合誌です。
― 変化する社会保障・社会福祉制度の動向や課題を整理
― 多様な福祉課題への対応を、実践事例を交えながら多角的に紹介
― 福祉関係者はもちろん、福祉の今を知りたい方々にもお読みいただきたい1冊

【2022年度→→→注目の新連載】
▼ 出会いと発見 ― 実践の扉
 継続的・先進的な福祉実践活動や、全国でも特徴ある取り組みを広く紹介します。
▼ 数を読み解く
 福祉に関わるさまざまなトピックのなかから毎月一つの数字をピックアップ、その数字の背景を深掘りし、そこから何が読み解けるのか解説します。
▼ ギャップを埋める ― 職場円滑化のキーアクション
 コミュニケーションを円滑にすすめる、その前提となる相互理解を深めるための手法やポイントを学びます。

≪このような方におすすめします≫
●今、知っておきたいテーマを第一線の学識者等の解説から学びたい方
●今の福祉を多角的な視点から福祉施設経営に活かしたい、社会福祉法人経営者の方
●社会福祉を研究する学生の方、福祉の最前線で活躍する施設職員の方
…毎日を有意義に過ごすためのヒントが『月刊福祉』には詰まっています。

ご注文

1,068円(税込)

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加